画人伝・富山 洋画家 風俗図・日常風景

富山初の洋画団体「北国洋画協会」を結成した改井徳寛

改井徳寛「RANTOZATSU NO GAI」射水市立大門小学校蔵

改井徳寛「RANTOZATSU NO GAI」射水市立大門小学校蔵

富山県の洋画史において、大正6年に改井徳寛(1895-1951)、村井盈人(1899-1976)らによって結成された「北国洋画協会」が、富山の洋画家たちによる組織的な活動の始まりとされている。同会は、地元公募の作品を含めて、高岡市利屋町の商工会議所で第1回展を開催し、その後、東京で交流のあった雄山通季(1899-1968)、久泉共三(1899-1993)らが合流した。

会は第6回展で解散したが、富山県初の洋画団体として多くの制作意欲を呼び起こし、その足跡は大きなものがあった。

改井徳寛(1895-1951)は、富山県立工芸学校図案科を経て東京美術学校図案科に進学し、岡田三郎助、和田三造らに学んだ。「北国洋画協会」を結成したのは美校在学中で、卒業後は高岡で教師をつとめ、その後愛知、東京と転居したが、郷土の展覧会にもたびたび出品した。

改井徳寛(1895-1951)かい・とくかん
明治28年射水郡大門町(現在の射水市)生まれ。本名は佐藤徳憲。大正2年富山県立工芸学校図案科卒業、東京美術学校図案科に進学した。在学中の大正6年に高岡で富山県初の洋画団体「北国洋画協会」を結成した。大正7年に美術学校を卒業し、市立高岡実科高等女学校(戦後、富山県立高岡高等学校に統合)の教師をつとめた。大正9年愛知へ、昭和6年東京へ転居した。昭和8年から構造社会員。戦時中は仙台に疎開した。昭和26年、56歳で死去した。

村井盈人(1899-1976)むらい・えいじん
明治32年高岡市生まれ。本名は栄二。富山県立工芸学校図案科在学中に中島秋圃に日本画を学び、大正3年同校を卒業後に上京し中川一政に師事して洋画に転じた。大正6年改井徳寛らと北国洋画協会を結成。大正8年第7回二科展、大正10年第9回二科展に出品したが、その後は中央展での出品をやめ、昭和4年結成の穹玄社、翌年結成の丹緑社で活動し、昭和23年には散木社を結成した。昭和15年頃から水墨画をはじめた。昭和24年高岡市美術作家連盟の創立に尽力した。昭和51年、77歳で死去した。

雄山通季(1899-1968)おやま・みちき
明治32年高岡市生まれ。明治40年東京に転居。大正5年京都で岸田劉生に師事し、劉生没後は中川一政に師事した。大正7年第2回北国洋画協会展に参加。大正9年高岡に帰郷。昭和4年村井盈人、久泉共三らと穹玄社を結成、翌年には丹緑社を結成した。昭和6年第6回国展に出品したが、それ以外の中央展での発表は行なわず、小グループでの作品発表を活動の中心とした。この頃、牧野村村長をつとめた。昭和23年村井盈人、関長造と散木社を結成。翌年高岡市制60周年記念展覧会の委員をつとめ、高岡市展には第1回展から参加した。昭和43年、67歳で死去した。

久泉共三(1899-1993)ひさいずみ・きょうぞう
明治32年高岡市生まれ。大正5年上京し、改井徳寛、村井盈人らと交流。改井の下宿で中川一政と知り合った。大正8年第3回北国洋画協会展に参加。大正12年第1回春陽展で春陽会賞を受賞。昭和5年春陽会会友となったが、昭和14年退会した。昭和13年富山市に転居。昭和15年私塾「玉翎会」を結成し主宰、会は翌年「富山洋画協会」に発展解消した。同年富山文化協会の結成に参加し中心人物となった。昭和21年富山県美術文化協会の創立に尽力し第1回展で審査員をつとめた。また、東一雄らが設立した一線美術協会などで指導もした。平成5年、94歳で死去した。

富山(32)-画人伝・INDEX

文献:とやまの洋画史 入門編、1940年代 富山の美術、県展の草創期に活躍した作家たち

-画人伝・富山, 洋画家, 風俗図・日常風景

© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5