UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・茨城 洋画家 静物画

欧州からの帰国後に東光会を創立、多くの後進を育成した熊岡美彦

更新日:

 
熊岡美彦「花」茨城県近代美術館蔵

熊岡美彦「花」茨城県近代美術館蔵

熊岡美彦(1889-1944)は、茨城県の石岡に生まれた。生家は地元の素封家で、製糸業を営んでいた。石岡第一尋常小学校在学中は地元の南画家・鬼沢小蘭に学び、土浦中学校卒業後は東京美術学校西洋画科予備科に進学、黒田清輝和田英作に師事した。同期には、首席で入学した萬鉄五郎をはじめ、片多徳郎北島浅一御厨純一、栗原忠二、神津港人、佐藤哲三郎、斎藤素巌らがいた。

美術学校在学中の大正2年、第2回光風会展で今村奨励賞を受賞、同年卒業後に第7回文展で初入選した。大正8年、大正10年には帝展で特選となり、画家としての地歩を築いていった。大正13年斎藤与里らと槐樹社を結成、大正14年第6回帝展で「緑衣」が帝国美術院賞を受賞し、翌年には帝展委員となった。

官展を代表する画家となった熊岡だったが、大正15年、37歳の時に渡欧を実行する。欧州では、マネ、ルノワール、セザンヌ、ドランらの作品に刺激を受け、昭和3年には槐樹社展に渡欧作品を出品している。帰国後は『熊岡美彦渡欧画集』を刊行、その年の6月には日本橋三越で渡欧作展を開き78点を展示、帝展には150号の「裸女」を発表した。昭和5年槐樹社を解散し東光会を創立、翌年には熊岡洋画研究所(のちの熊岡絵画道場)を設立、森田茂、岩下三四、二重作龍夫、正田二郎ら多くの後進を育成した。

熊岡美彦(1889-1944)くまおか・よしひこ
明治22年茨城県石岡市生まれ。明治42年県立土浦中学校を卒業後、東京美術学校西洋画科に進学した。在学中、同期生13人とともに「四十年社」を結成。大正2年同校卒業、同年第2回光風会展で受賞、同年第7回文展で初入選した。大正3年第8回文展入選、大正4年第9回文展で褒状、以後も文展で入選を重ね、大正8年第1回帝展と大正10年第3回帝展で特選となった。大正13年斎藤与里らと槐樹社を結成。大正14年第6回帝展で帝国美術院賞を受賞。大正15年渡仏、翌年1月マルセイユ着。昭和3年渡欧作品を槐樹社展に送り、昭和4年シベリアを経て帰国した。昭和5年槐樹社を解散し、同年斎藤与里らと東光会を結成した。昭和6年東京巣鴨の自宅に熊岡洋画研究所を開設、昭和9年熊本絵画道場と改称した。昭和11年中国、台湾、韓国旅行。昭和18年従軍し訪中。昭和19年、56歳で死去した。

茨城(28)-ネット検索で出てこない画家

文献:北関東の近代美術、開館20周年記念 茨城県近代美術館所属作品、 茨城県近代美術館所蔵作品図録 1997、笠間日動美術館所蔵品目録









-画人伝・茨城, 洋画家, 静物画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.