UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・北海道 洋画家

小樽の洋画家と美術運動

更新日:

工藤三郎「ビアンクール(セーヌ河)」北海道立近代美術館蔵

北海道美術の黎明期、小樽は札幌とともに美術運動に大きな役割りを果たした。小樽の初期美術グループとしては、長谷川昇、小寺健吉、工藤三郎が東京美術学校在学中に結成し、小樽倶楽部で展覧会を開催した「羊蹄画会」がある。長谷川昇(1886-1973)は、福島県に生まれすぐに小樽に移住、東京美術学校に学んだのち渡欧、春陽会の創立に参加するなど中央画壇で活躍した。岐阜県生まれの小寺謙吉(1887-1977)も小樽に移住し、早くから官展に出品、北海道美術家連盟の創立にも参加した。小樽生まれの工藤三郎(1888-1932)は、東京美術学校を卒業後、渡仏し帰国後は小樽で暮らし、後進とのつながりも深かった。

この長谷川昇、小寺健吉、工藤三郎の3人が小樽洋画の先駆的存在で「小樽洋画の大先輩」といわれた。そして、この大先輩たちのグループ「羊蹄画会」に感銘を受け、画家の道を志すようになったのが、大正中期から末期にかけて小樽洋画を担うことになる三浦鮮治(1895-1976)である。三浦は、12歳の時に工藤三郎に油絵の手ほどきを受け、20歳の時に上京、日本美術院洋画部や本郷洋画研究所で学んだが、2年後に家庭の事情で小樽に戻ることとなり、小樽稲穂町に「小樽洋画研究所」を設立、後進の指導を始めた。

この研究所は家賃が払えず場所を転々としていたが、夜になると14、5人が集まり熱心に絵の研究をしていたという。毎年開く展覧会には、三浦のほかに中村善策、兼平英示、山崎省三、加藤悦郎らが出品していた。そして大正13年、この研究所が母体となって、小樽ではじめての大きな美術団体である「太地社」が設立された。太地社には、札幌からも山田正、今田敬一らが参加し、のちに同人として能勢真美、山本菊造、石野宣三が加わり、この結集がさらに輪を広げ、大正14年の北海道美術協会(道展)の結成につながっていった。

工藤三郎(1888-1932)
明治21年小樽生まれ。東京美術学校卒業。同校で同期だった片多徳郎、萬鉄五郎、金沢重治、栗原忠二らと40年社を結成。また、国民美術協会の会員だった。大正4年第9回文展、翌年同10回展に出品。大正9年に渡仏して約3年間滞在し、サロン・ドートンヌ、サロン・ナショナル・デ・ボサーに出品した。帰国後は小樽に定住し、太地社の創立会員となった。昭和7年、44歳で死去した。

長谷川昇(1886-1973)
明治19年福島県会津若松生まれ。同年小樽に移住し、量徳小学校、札幌中学を経て、明治40年に東京美術学校に入学、在学中から文展に入選した。明治44年渡欧、パリ画壇の作家たちと交わった。大正4年に帰国し、日本美術院同人となり、大正12年春陽会の創立に参加、道展にも特別会員として出品した。昭和32年日本芸術院会員となった。昭和48年、87歳で死去した。

小寺健吉(1887-1977)
明治20年岐阜県生まれ。その後小樽に移住した。東京美術学校卒業後、大正13年に渡欧した。早くから官展に出品し、昭和3年第9回帝展に出品した「西欧の或日」が特選になった。昭和6年の北海道美術家連盟の創立にも参加している。昭和52年、90歳で死去した。

三浦鮮治(1895-1976)
明治28年神奈川県生まれ。幼いころに小樽に移住。12歳ころ工藤三郎に油絵の手ほどきを受けた。20歳で画家を志し、小樽稲穂尋常高等小学校で同級だった山崎省三とともに上京、日本美術院洋画部絵画自由研究所の研究生となり、のちに本郷洋画研究所でも学んだ。大正6年、22歳の時に家業を継ぐために小樽に戻り、同年小樽洋画研究所を設立、後進の指導を始めた。研究所には中村善策がいた。大正13年太地社を設立。大正14年北海道美術協会の設立に参加、創立会員となった。昭和11年小樽出身の美術家らと北方美術協会を結成。昭和22年小樽市美術展覧会創立委員となった。昭和51年、81歳で死去した。

兼平英示(1898-1946)
明治31年神奈川県生まれ。三浦鮮治の弟。幼いころ小樽に移住。16歳の時に日本水彩画会小樽支部研究科に入り、加藤悦郎らとともに平澤大暲に指導を受けた。大正4年日本水彩画会展に入選。大正6年兄とともに小樽洋画研究所を設立、以後もグループ結成の際には兄と行動をともにする。昭和13年児童画塾を開くが、同年写生旅行中に体調が悪化し、以後闘病生活が続いた。昭和21年、48歳で死去した。

文献:三浦鮮治と兼平英示、林竹治郎とその教え子たち、美術北海道100年展、北海道の美術100年、北海道美術の青春期、北海道美術史

写真で辿る小樽 明治・大正・昭和
北海道新聞社







-画人伝・北海道, 洋画家

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.