UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・山口 南画・文人画家

防長における南画の祖・矢野括山と門人

更新日:

矢野括山(1780-1845)は、周防・長門における南画の祖とされ、画のほかに書や篆刻も巧みで、岡田半江、浦上春琴、小田海僊、貫名海屋、田能村竹田ら南画家と広く交流、防長の地に南画を根付かせた。門人には林百非(1796-1851)、安富笠山(1808-1882)、光妙寺半雲(1812-1874)らがいる。林百非は矢野括山に師事し、田能村竹田にも学んだ。百非の門人には石川瓊洲(1810-1858)がおり、百非は、萩に南画をひろめたのは瓊洲の功績であるとたたえたという。

矢野括山(1780-1845)
安永9年生まれ。萩藩士。名は淳、字は子淳、通称は市蔵。三田尻に住み、居を小橋流水・留雲閣といった。別号に竹舌、山樵、留雲痺僊、四十八峰外史などがある。防長における南画の祖とされる。画のほかに書や篆刻も巧みだった。弘化2年、66歳で死去した。

林百非(1796-1851)
寛政8年生まれ。萩藩士。別号に如是、百是、太平山人などがある。画を矢野括山に学び、のちに田能村竹田の教えも受けた。書や詩もよくし、禅や山本勘介流の兵学にも通じていた。嘉永4年、56歳で死去した。

安富笠山(1808-1882)
文化5年生まれ。間田村の人。益田氏の老臣。画を矢野括山に学び、笠山学舎を御堀に開き、子弟に読書算術を教えた。明治15年、75歳で死去した。

光妙寺半雲(1812-1874)
文化9年生まれ。三田尻の真宗光妙寺の僧侶。はじめ矢野括山に学び、その後、京都の中林竹洞に師事した。山水花卉を得意とした。篆刻、俳句にも長じていた。明治7年、63歳で死去した。

石川瓊洲(1810-1858)
文化7年生まれ。萩藩士。名復、字子礼、通称は復蔵。はじめ林百非に学び、のちに田能村竹田に師事した。師の百非は、萩に南画をひろめたのは瓊洲の功績であるとたたえたという。安政5年、49歳で死去した。

佐伯圭山(1815-1878)
文化12年生まれ。萩藩士。林百非に師事した。別号に桂林がある。明治11年、64歳で死去した。

万福寺抱月(1836-1880)
天保7年生まれ。萩の浄土真宗万福寺の九世。画を佐伯圭山に学び、和歌にも堪能だった。明治13年、45歳で死去した。

文献:防長人物誌、防長の書画展-藩政時代から昭和前期まで

文人画論―浦上春琴「論画詩」評釈
明治書院







-画人伝・山口, 南画・文人画家

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.