画人伝・群馬 日本画家 美人画・女性像

岩田専太郎と挿絵画家の双璧と謳われた志村立美

志村立美「からっ風」

志村立美「からっ風」

志村立美(1907-1980)は、群馬県高崎市の質店の長男として生まれたが、3歳の時に質店が倒産し、一家で東京の本所に移住した。しかし、すぐに暴風雨に見舞われ、その1年後には横浜に転居した。横浜では、父親は質店を営んでいた経験を生かして野沢屋(現在の横浜松坂屋)の呉服部に勤務した。

立美は、幼いころから絵を描くことが好きで、15歳の時に画家を志し、父親が勤務していた野沢屋に出入りしていた模様師(衣装図案家)の山川霽峰に内弟子として入門した。しかし、霽峰の子である山川秀峰が描く美人画に魅せれ、秀峰に入門しなおした。

雑誌に挿絵を描いていた秀峰のもと、立美も挿絵を描くようになり、18歳の時に「愛児の友」の口絵に「岩見重太郎」を描いて挿絵画家デビューを果たした。その後も順調に講談社などの雑誌の挿絵を手がけ、林不忘の新聞連載「丹下左膳」の挿絵を描いたことによって、広く名を知られるようになった。

30歳頃には岩田専太郎(1901-1974)、小林秀恒(1908-1942)とともに「挿絵界の三羽烏」と称されるようになったが、小林は早世したため、立美と岩田は「挿絵画家の双璧」と謳われ、戦後も華々しく活躍した。

昭和39年、57歳の時から徐々に挿絵の仕事を控え、手がけていた「銭の花」が完結すると、65歳から日本画の制作に専念した。各地で美人画展を開催し、昭和51年には『画集・美人百態』を出版して日本作家クラブ賞を受賞。2年後には画集『かんざし』を出版した。

71歳の時に新たな境地を拓くためインドネシアのバリ島を取材、その翌年もバリ島を訪れ精力的に活動していたが、体調を崩し73歳で死去した。

志村立美(1907-1980)しむら・たつみ
明治40年高崎市生まれ。質店の長男として生まれたが、3歳の時に質店が倒産、東京に移住した。1年後に横浜に転居。本町高小から神奈川高工図案科に入学したが、1カ月で退学して模様師・山川霽峰に入門した。震災で豊岡村(高崎市)に移住し、4カ月写生に明け暮れたのち、上京して霽峰の子・秀峰の内弟子となった。18歳の時に「愛児の友」の口絵に「岩見重太郎」を執筆、ついで「毎夕新聞」連載・邦枝完二作「接吻市場」を手がけた。この年から「立美」の号を使うようになった。その後も講談社などの雑誌に挿絵を描き、林不忘の新聞連載「丹下左膳」の挿絵を描き名を高めた。晩年は美人画も描いた。戦前から文士劇で活躍し女形もやった。昭和46年日本出版美術家連盟理事長、日本作家クラブ副理事長に就任。昭和49年出版美術家連盟会長。画集に『美人百態』『かんざし』などがある。昭和55年、73歳で死去した。

群馬(36)-ネット検索で出てこない画家

文献:志村立美 かんざし、群馬県人名大事典









-画人伝・群馬, 日本画家, 美人画・女性像

© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5