UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・福島 日本画家

現代的表現の日本画を追求した須田珙中

投稿日:

須田珙中「禽と獣」

須田珙中「篝火」

須賀川市の雑貨商の三男として生まれた須田珙中(1907-1964)は、地元の商業学校を卒業後、上京して働いていたが、画家になる夢をあきらめきれず、美術学校の受験資格取得のために石川町の私立石川中学校に編入し、昭和3年、東京美術学校日本画科に入学した。

在学中から頭角を表し、1年の時に日本画会展に入選、2年の時には第2回聖徳太子奉讃展に入選し、画壇へのデビューを果たすが、美術学校の規則で、許可なく美術展に応募することが禁じられていたため、罰として停学を言い渡された。さらに、この停学処分と前後して肋膜炎を患い、1年余りの闘病生活を余儀なくされた。

健康を取り戻して美術学校に復学した後は、昭和7年に第13回帝展に初入選、その後も官展で受賞を重ね、若手新進画家として活躍した。昭和27年からは日本美術院展に出品、作風も古典的な表現から現代的な表現へと変わっていった。また、昭和26年からは母校の東京芸術大学美術学部の教官に迎えられ、平山郁夫ら後進の指導にも尽力していたが、57歳で急逝した。

須田珙中(1907-1964)すだ・きょうちゅう
明治40年須賀川市生まれ。本名は善二。別号に晩成がある。実家は雑貨商を営んでいた。大正11年須賀川町立商業学校を卒業後、私立石川中学校を経て、昭和3年東京美術学校日本画科に入学、松岡映丘に師事した。在学中の昭和7年に第13回帝展に初入選。以後昭和26年まで官展に出品した。昭和9年同校卒業後は前田青邨に師事。翌年映丘門下の若手画家が結集した瑠爽画社に参加した。昭和27年からは院展に出品、昭和36年日本美術院同人となり、大観賞を4回受賞するなど受賞を重ねた。一方、芸大助手として学生の指導にも励み、昭和34年助教授となった。昭和38年、57歳で死去した。

福島(29)-ネット検索で出てこない画家

文献: 好文亭の画家 須田珙中、石川町史 第6巻、ふくしまの美術 昭和のあゆみ、会津人物事典(画人編)









-画人伝・福島, 日本画家

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.