UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・岐阜 南画・文人画家 花鳥画

近江、尾張、三河にまでおよんだ高橋杏村の門人

更新日:

高橋杏村「花卉図」

京都で中林竹洞に学んだ高橋杏村は、のちに帰郷し、梁川星巌に漢詩を習い、西濃の漢詩人・神田柳渓と交わり、さらに昌平校の儒官・曾我耐軒が美濃に来た時に経学を学んだという。弘化のはじめに私塾「鉄鼎学舎」を開き、漢籍画法を指導した。

当時、画家としての知名度は高く、山水、花鳥と幅広い画技をふるった。梁川星巌のほか、村瀬秋水、村瀬太乙、山田訥斎とも交流があったと伝わっている。門人は近江、尾張、三河にまでおよび、最盛期にはその数は200人を越えたという。

参考:尾張南画の全盛、中林竹洞・山本梅逸の登場

青木篁村(1825-1901)あおき・こうそん
文政8年生まれ。高橋杏村に師事した。明治34年、77歳で死去した。

末松松溪(1825-1902)すえまつ・しょうけい
文政8年生まれ。揖斐郡池田町片山の人。名は瓢馬。高橋杏村に師事した。明治35年、78歳で死去した。

河合秋堂(1826-1898)かわい・しゅうどう
文政9年生まれ。名は照元。安八郡福束村の人。高橋杏村に師事した。明治31年、63歳で死去した。

和田東川(1834-1899)わだ・とうせん
天保5年生まれ。安八郡神戸町落合の人。名は平右衛門。高橋杏村に師事した。明治32年、66歳で死去した。

国枝杏蹊(1835-1891)くにえだ・きょうけい
天保6年揖斐郡本郷村生まれ。名は紀一。別号に桃蹊がある。高橋杏村に師事した。明治24年、57歳で死去した。

神保木石(1837-1903)じんぼ・ぼくせき
天保8年生まれ。名恭平。海津郡高須の出身で、名古屋下園町に住んだ。高木小平治の子。神保五郎蔵の養子。高橋杏村に師事し、のちに長崎で画を学んだ。明治36年、67歳で死去した。

北村石樵(1841-1913)きたむら・せきちょう
天保12年生まれ。名は由之助。別号に泉翁がある。元大垣藩士。高橋杏村に師事した。東西に遊歴し晩年は東京浅草に住んだ。明治42年東京美術倶楽部で石樵の雅会が開催された。大正2年、77歳で死去した。

安藤老山(1843-1911)あんどう・ろうざん
天保14年生まれ。大垣市東久瀬川町の人。名は一郎。別号に晴雷がある。明治7年岐阜県師範研修学校を卒業。高橋杏村に師事した。大垣藩三等教授、大垣高等女学校教官。明治44年、69歳で死去した。

永田秋田(1843-1906)ながた・しゅうでん
天保14年生まれ。名は又七。海津郡今尾の出身で、愛知県起町へ養子に出た。高橋杏村に師事した。明治39年、62歳で死去した。

山川雪鴻(1845-1924)やまかわ・せつこう
弘化2年生まれ。安八郡神戸町落合の人。名は昌平。高橋杏村に師事した。俳画をよく描いた。大正13年、80歳で死去した。

児玉石峯(1853-不明)こだま・せきほう
嘉永6年生まれ。大垣の人。名玄成、別号に杭がある。高橋杏村に南画山水を学び、名古屋南鍛治屋町に移転し、武光桂園に彩色の法を学んだ。牡丹を得意とした。白鴎社集会図(星巌、紅蘭、細香ら11名集会の絵)を描いた。

戸倉泉石(不明-1916)とくら・せんせき
養老郡広幡村大跡の人。丸毛姓を継いで丸毛兼忠となった。名は増吉郎。別号に楓谷がある。高橋杏村に師事した。大正5年死去。

正山松石(不明-1923)まさやま・しょうせき
海津郡今尾の人。名は智教。別号に杏石、松石がある。高橋杏村に師事した。大正12年、59歳で死去した。

高橋杭水(不明-1887)たかはし・こうすい
安八郡神戸町生まれ。高橋杏村の長男。名は鎌吉。別号に士農がある。父に師事した。明治20年死去。

森杏溪(不明-不明)もり・きょうけい
名は庄助。揖斐郡本郷村小寺の出身で、竹ケ鼻に転居した。高橋杏村に師事した。

馬淵瑞村(不明-不明)まぶち・ずいそん
本巣郡高屋の人。高橋杏村に師事した。

長村楓村(不明-不明)おさむら・ふうそん
岐阜市米屋町の人。高橋杏村に師事した。

馬場楓村(不明-不明)ばば・ふうそん
本巣郡生津村の人。高橋杏村に師事した。

岐阜(7)-ネット検索で出てこない画家

文献:美濃の南画岐阜県日本画 郷土画家・画人名簿

美濃飛騨の歴史がおもしろい
岐阜新聞社







-画人伝・岐阜, 南画・文人画家, 花鳥画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.