画人伝・岐阜 南画・文人画家 山水・真景

美濃の南画、村瀬秋水の一族と門人

更新日:

村瀬秋水「山水図巻」(部分)

美濃の南画壇にあって影響力のあった南画家のひとりに村瀬秋水がいる。村瀬秋水は、美濃上有知の造り酒屋で庄屋を務める村瀬敬忠の三男として生まれた。長兄は頼山陽門の儒学者・村瀬藤城、次兄の村瀬立斎は尾張藩医をつとめた。秋水は兄の藤城を助けて家業に従事するかたわら終生画作に励んだ。秋水の画技は、子の雪峡、孫の藍水、雪荘、そして従兄弟の子の太乙にも大きな影響を与え、一族の画系に指導的な役割を果たした。

村瀬秋水(1795-1876)むらせ・しゅうすい
寛政6年武儀郡上有知村生まれ。名は清・徴、字は世猷、通称は真吾、太六、平三郎。別号に韓江がある。幼い頃、張月樵について学び、30歳の時に野呂介石に入門した。さらに、中国南宗画を手本に独学で南画を学び、兄の藤城が没した後は分家して山中に隠退し、20年間郷里を出ずに画業に専念した。63歳の時に『南画問答』を発表し、73歳の時には自らの人生を振り返って『己未秋日作草稿』をまとめるなど数多くの著作を残した。1876年、82歳で死去した。

村瀬雪峡(1827-1879)むらせ・せっきょう
文政10年、または天保3年武儀郡上有知村生まれ。村瀬秋水の長男。名は東作。画は父・秋水に学んだ。江戸、京都、大坂で経史詩文を学び、帰郷して伯父・村瀬藤城を助けて門下生を教えた。明治12年死去。

村瀬藍水(1861-1892)むらせ・らんすい
文久元年武儀郡上有知村生まれ。村瀬雪峡の長男。名は緒、字は彫弓、通称は岸太郎。はじめ半山と号した。村瀬秋水、雪峡に師事した。明治13年名古屋に出て佐藤牧水の漢字塾に入り、明治19年から清国に渡り遊歴して名声を得たという。明治23年の帰国後は中央画壇への進出を目指して上京したが、明治25年、32歳で死去した。

森半逸(1848-1940)もり・はんいつ
嘉永元年葉栗郡若栗村生まれ。のちに岐阜市笹土居町に住んだ。名は桂、字は子静、通称は嘉兵衛。歯科医師・森逸男の祖父。別号に六々斎半逸がある。村瀬太乙に詩文を、村瀬秋水に南画を学んだ。明治38年の日本美術展覧会と大正2年の日本画会に出品し、宮中買上となった。名士、文士との交流が多かった。明治15年、93歳で死去した。

野川湘東(1840-1917)のがわ・しょうとう
天保11年大野郡一色村数屋生まれ。眼科医。野川秀平の長男。名は杏平。別号に松琴斎、今日園がある。漢学・漢詩を森春濤に、画を村瀬秋水に学んだ。大正6年、79歳で死去した。

山内石泉(1845-不明)やまうち・せきせん
弘化2年生まれ。名は九郎蔵。村瀬秋水に師事した。

後藤蘇山(不明-不明)ごとう・そざん
名は権蔵。村瀬秋水に師事した。

高井對雲(1847-1911)たかい・たいうん
弘化4年山県郡伊自良生まれ。名は潤造。村瀬秋水に師事した。揖斐川町に住んでいた。明治44年、65歳で死去した。

後藤釣雪(1846-不明)ごとう・ちょうせつ
弘化3年生まれ。村瀬秋水に師事した。

塚原南岳(1856-1919)つかはら・なんがく
安政3年武儀郡関市生まれ。名は二六太。村瀬秋水と村瀬雪峡に師事した。大正8年、65歳で死去した。

岐阜(5)-ネット検索で出てこない画家

文献:美濃の南画岐阜県日本画 郷土画家・画人名簿

文人画家の譜―王維から鉄斎まで
ぺりかん社







-画人伝・岐阜, 南画・文人画家, 山水・真景

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.