UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・福島 洋風画家 風俗図・日常風景

会津に初めて西洋画法を伝えた遠藤香村

投稿日:

遠藤香村「西洋喫茶図」

南大戸村香塩(現在の会津若松市)の農家に生まれた遠藤香村(1787-1864)は、幼いころから画を好み、会津藩絵師・田村観瀾に狩野派を学んだとされるが、経歴には不詳な点が多い。文化年間、江戸や京都、大坂に遊学し、江戸では谷文晁に洋風画の技法を受けたとされるが、文晁の画塾「写山楼」に入門したかどうかは定かではない。ただ、文晁のもとで和漢の古画を見て、古画の知識や描法を学び、かつ多くの書籍に接したと思われる。

文政元年、京都で円山四条派の筆法を学んでからの帰途、須賀川に亜欧堂田善を訪ね、油彩画の手法を習得したという。香村が残した多彩な作品のうち「七里ケ浜の図」(下掲)「猪湖十六橋の図」は田善の流れを汲む油彩画である。

香村は蘭学者による翻訳書で知識を得て、模写により西洋画を学んだと思われる。掲載の「西洋喫茶図」(上掲)は、ティーポットを持った婦人が、主人らしき男性に近づき、召使がそれを見つめている場面で、人物らの衣服、室内の壁や柱、床の市松模様、背景の建造物などから判断し、西洋画の模写図と思われる。

遠藤香村「七里ケ浜の図」

遠藤香村(1787-1864)えんどう・こうそん
天明7年若松城下の南大戸村香塩生まれ。実家は農家。通称は平次郎、名は瘦梅。別号に如圭、石田農夫、水石、幽竹山窓、十五山水精舎などがある。幼いころから絵を好み、長じて天寧寺町に転居し、はじめ藩士・黒河内会山について画法の手ほどきを受け、千秋と号した。文化年間、川原町東北角に再び転居し、号を如圭と改め、会津藩絵師・田村観瀾について本格的に狩野派の画法を学び、のちに藩のすすめで江戸に出て谷文晁に入門したと伝わっている。ここで実用としての洋風画を学び、かたわら蠣崎波響や書家の石川悟堂らとも交友した。文化元年、再び姓を遠藤、号を香村と改め、円山四条派の筆法を学ぶため京に上り、森徹山、長山孔寅らと交友を深め、この年はいったん帰郷し、その途中に須賀川の亜欧堂田善を訪ね、西洋画法の伝授を受けた。文化2年、再び京に上り、東東洋浦上春琴らと交友し、さらに岸駒に入門したと伝わっている。元治元年、78歳で死去した。

福島(13)-ネット検索で出てこない画家

文献:会津の絵画と書、会津に生きた会津の画人 遠藤香村展、会津の歴史(上巻)、会津人物事典(画人編)、亜欧堂田善とその系譜







-画人伝・福島, 洋風画家, 風俗図・日常風景

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.