UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・福島 南画・文人画家 中国故事 人物画 未分類

遠藤香村に師事し、晩年は東京で活動した渡辺東郊

投稿日:

渡辺東郊「唐子図」

渡辺東郊(1848-不明)は、会津若松城下屋敷町に生まれた。祖父光蔵は、武をもってきこえ、特に柔術をよくし、屋敷内に修練所を設けて多くの青年を薫陶していた。しかし、東郊は、生来虚弱体質で、少年の頃は刀槍をとることが出来なかったので自ら画道を志し、13歳の時に遠藤香村にした。

戊辰戦争の際には、朱雀隊士として参戦し白河口を守った。晩年に上京し、南画院に所属し同人となった。その後も東京で活動し、会津に戻ることはなかったが、いくつかの作品が会津に残されてる。

渡辺東郊(1848-不明)わたなべ・とうこう
嘉永元年若松城下屋敷町生まれ。名は中、字は和卿、通称は次郎。住居を三友堂、または去来自然堂と称した。晩年に上京し、南画院同人となった。門人に岩浅松石がいる。

福島(20)-ネット検索で出てこない画家

文献:会津人物事典(画人編)







-画人伝・福島, 南画・文人画家, 中国故事, 人物画, 未分類

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.