UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

「雪舟系」 一覧

狩野探幽門下四天王のひとり、会津藩御用絵師・加藤遠澤

会津藩絵師の加藤遠澤(1643-1730)は、幼いころから雪舟の画風を志し、保科正之が会津藩主になった際には茶坊主となり、藩絵師の棚木良悦に絵の手ほどきを受けた。19歳で狩野探幽に入門し、30歳の頃に ...

目賀多家で最も傑出した名人と伝えられる目賀多雲川信済

文政・天保の頃、米沢藩御用絵師の家系・目賀多家の分家である南目賀多家から出た目賀多雲川信済は、南・北目賀多家を通じてもっとも傑出した名人と伝えられている。瘦せ肉の体格ながらも、豪放にして酒を愛し、雪舟 ...

雪舟系水墨画を継承した江戸時代最初の薩摩絵師・日野等林

江戸時代に薩摩で活躍した最初の絵師としては、加治木の日野等林がいる。等林は弓削等薩に学び「等」がつく号を有していることから、雪舟系水墨画を継承したと考えられている。等林のあとには、雪舟、秋月に直接つな ...

室町末期から桃山初期にかけて活躍した画僧・弓削等薩

薩摩の雪舟系水墨画の流れを汲み、室町末期から桃山初期にかけて活躍した画僧に、大隅出身の等薩がいる。俗姓を弓削といい、弓削等薩と称した。また、雲谷等薩の表記もみられる。等薩に関しては、経歴や師弟関係を知 ...

秋月等観の弟子と伝わる日向人の画僧・等坡

秋月等観の弟子と伝わっている画人で、等碩の次に現存作品を見ることのできる人物に等坡がいる。等坡は室町時代後期に活躍した画僧で、桃山時代に雪舟流の系譜をまとめた「画師的伝宗派図」には、日州人と記され、秋 ...

秋月等観から雪舟系水墨画を継承した等碩

秋月等観は、薩摩で多くの弟子を育てたと思われるが、その中でまず取り上げるべき画人は等碩である。等碩は秋月門人に名を連ねているが、いつくかの文献には秋月の子であると記されている。『本朝画史』には、等碩は ...

薩摩出身で京都で活躍した画僧・楊月和玉

秋月等観と同時代に活躍した薩摩出身の画僧として楊月和玉がいる。楊月の詳しい画歴は伝わっていないが、『本朝画史』などの画伝類によると、京都の笠置寺に住み、周文、雪舟を師とし、牧谿風の水墨画を学んだとされ ...

雪舟に学び薩摩画壇の基礎をつくった秋月等観

秋月等観は、室町時代後期の禅宗画僧で、現在の鹿児島県薩摩川内市に生まれた。もと島津氏の家臣で、俗称は高城重兼といった。高城氏は鎌倉時代に北薩地方を治めていた渋谷家の一族と伝わっている。武士である高城重 ...

豊後府内に住み、沈堕の滝を描いた雪舟

雪舟等楊(1420-1506)の前半生については不明な点が多く、若いころに京都に出て相国寺の春林周藤に禅を学び、僧としての修業のかたわら、如拙や周文の画を学んだとされる。はっきりしてくるのは40代にな ...

肥後熊本藩最後の御用絵師・杉谷雪樵

幕末から明治における熊本画壇は、南画と復古大和絵系が二つの大きな流れを作っていたが、熊本藩の御用絵師をつとめていた矢野派の画家たちも画壇の一翼をになっていた。その矢野派本流のなかで、明治以降も活躍した ...

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.