UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・山形 狩野派 雪舟系 山水・真景

目賀多家で最も傑出した名人と伝えられる目賀多雲川信済

更新日:

目賀多雲川信済「山水図屏風」(上:右隻、下左隻)米沢市上杉博物館蔵

文政・天保の頃、米沢藩御用絵師の家系・目賀多家の分家である南目賀多家から出た目賀多雲川信済は、南・北目賀多家を通じてもっとも傑出した名人と伝えられている。瘦せ肉の体格ながらも、豪放にして酒を愛し、雪舟の画風を慕い、興趣が湧かなければ筆を持つことはなく、好んで龍を描き、壬辰の日に筆をふるい、雨沛然として雷鳴轟く日を選んで龍に眼を入れたという。

目賀多雲川信済(1786-1847)めかた・うんせん・のぶずみ
天明6年米沢生まれ。小納戸矢嶋欽右衛門長寄の三男。目賀多雲川信與の養子となり、雲川と号した。初号は雲林、別号に幽石、適意斎などがある。享和元年養父の隠居により家督を相続した。享和4年上杉鷹山治席画。享和7年預所絵画仕立のほか後年、駿河守、淡路守斉定絵事勤任。文政2年狩野探信守道に師事。弘化4年、62歳で死去した。

山形(4)-ネット検索で出てこない画家

文献:米沢ゆかりの絵師たち、米沢市史第3巻(近世編2)、郷土日本画の流れ展







-画人伝・山形, 狩野派, 雪舟系, 山水・真景

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.