風俗図・日常風景

王朝絵画の要素を受け継いだ最後の画家・比嘉盛清

2021/7/6  

比嘉盛清「婚姻風俗図」(部分)沖縄県立博物館・美術館蔵 明治政府による強硬な琉球処分に、琉球の王族や士族などの旧支配者層が強く反発し、沖縄の廃藩置県は本土よりもかなり遅れて、明治12年に実施された。世 ...

明治風俗の琉球美人を形成した友寄喜恒(恵克昌)

2021/7/6  

友寄喜恒(恵克昌)左:「ジュリ(娼婦)図」、右:「田舎婦女図」東京国立博物館蔵提供:東京国立博物館 https://webarchives.tnm.jp/ 最後の琉球国王・尚泰王の時代に活躍した友寄喜 ...

石垣島で活躍した画家で芸能家・久場島清輝

2021/7/6  

久場島清輝「彌勒と唐子図」石垣市立八重山博物館蔵 王朝末期から大正にかけて石垣島で活躍した久場島清輝(1864-1920)は、画家であり、芸能家でもあった。若いころ沖縄で役者をしていて、芝居の巡業で石 ...

八重山蔵元絵師・喜友名安信(毛裔氏安信)

2021/7/6  

八重山風俗図「蔵元前における祝賀」(作者不詳)沖縄県立博物館・美術館蔵 首里王府時代、久米島、宮古島、八重山の離島には「蔵元」とよばれる王府の出先機関があり、絵師たちはその蔵元に勤務し、さまざまな仕事 ...

風俗画を得意とした泉川寛英(慎思九)と泉川寛道(慎克熙)

2021/7/6  

泉川寛道(慎克熙)「うやんまあの図」沖縄県立博物館・美術館蔵 琉球文化の黄金期といわれた18世紀は、琉球絵画の全盛期でもあり、中国に留学した絵師たちが活躍した。彼ら王府の絵師たちが描き続けたのは、中国 ...

セザンヌを日本に初めて紹介した有島生馬と二科会の発足

2021/7/6  

有島生馬「大震記念」 有島生馬(1882-1974)は、横浜市生まれだが、父親が薩摩川内市の出身で、鹿児島の画家との関わりは深い。文学者の兄・有島武郎、弟・里見弴とともに、有島三兄弟としても名高い。有 ...

鹿児島近代洋画第三の巨匠・和田英作

2021/7/6  

和田英作「渡頭の夕暮」東京藝術大学大学美術館蔵 黒田清輝、藤島武二につぐ鹿児島近代洋画第三の先達である和田英作(1874-1959)は、明治29年に東京美術学校に西洋画科が開設された際、藤島と同時に助 ...

消えた近代日本洋画の開拓者・藤雅三

2021/7/6  

藤雅三「破れたシャツ」米国ジョスリン美術館蔵 この作品は、米国ネブラスカ州オマハのジョスリン美術館に所蔵されていたもので、来歴などの問い合わせを受けた愛知県美術館の高橋秀治美術課長(当時)の調査により ...

京都の大分県画壇の草分け・高倉観崖と牧皎堂

2021/7/6  

高倉観崖 福田平八郎が画壇で注目を受ける以前に、京都で活躍した大分県出身の日本画家として、高倉観崖と牧皎堂がいる。彼らは京都での大分県画壇の草分けともいえる存在で、大分県内で藤原竹郷や松本古村らが興し ...

臼杵生まれの挿絵画家・右田年英

2021/7/6  

梧斎(右田年英)「新橋元禄舞」 報道錦絵などで人気を博した挿絵画家・右田年英(1862-1925)は臼杵の生まれで、14歳の時に東京に出て、歌川派の月岡芳年の門に学び、水野年方、稲野年恒とともに芳年門 ...




© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5