UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。

「風俗図・日常風景」 一覧

最古の阿波おどり図を描いた御用絵師・鈴木芙蓉

藩の絵師は通常幕府にならって狩野派か住吉派から召し抱えられていたが、11代藩主蜂須賀治和は、儒者であり南画家の鈴木芙蓉とその養子・鳴門を徳島藩御用絵師とした。南画は民間において非常に流行していたが、徳 ...

現代まで続く円山・四条派の系譜

伊勢には南画をはじめ、狩野派、長崎派、岸派などいろいろな画法を学ぶものがいたが、主流となったのは円山・四条派だった。伊勢に初めて円山・四条派を広めた岡村鳳水の門からは上部斎、榎倉杉斎、荘門為斎が出て ...

伊勢に円山・四条派を広めた岡村鳳水と門人たち

岡村鳳水の主な門人である上部斎、榎倉杉斎、荘門為斎の門からも優れた画家たちを輩出した。とくに上部斎の門から出た林棕林(1814-1898)は、江戸に出て谷文晁や渡辺崋山らと交遊し名声を高めた。さら ...

画壇を代表する多くの日本画家を輩出

岐阜の代表的日本画家としては、愛知に生まれ岐阜に移り住んだ川合玉堂(1873-1957)をはじめ、恵那の前田青邨(1885-1977)、岐阜の川崎小虎(1886-1977)、稲葉の加藤栄三(1906- ...

京都画壇で学んだ飛騨の日本画家

飛騨に生まれて京都画壇で修業した日本画家のうち、塩川文麟に師事した垣内右☆・垣内雲☆父子(☆は共に「燐」の「火」を「山」)は、のちに金沢に移り金沢画壇で活躍した。山元春挙に師事した玉舎春輝は春挙・栖鳳 ...

尾張の岸派、喜田華堂と門人

尾張の岸派では、喜田華堂、そのあとを継いだ中島有年らがいる。喜田華堂は岐阜県不破郡今須村に生まれ、若くして京都に出て岸駒、岸良に学んだ。20年にわたり東国を遊歴して各地の名勝を写生し、文人墨客と交わっ ...

尾張の復古大和絵派、森村冝稲とその門人

尾張の復古大和絵派は、祖とされる田中訥言、それを受け継いだ渡辺清、森高雅、さらに日比野白圭、木村金秋らに続き、森村冝稲とその門人たちによって引き継がれた。 森村冝稲(1871-1938)は、名古屋梅園 ...

庶民の姿や風俗を描いた尾張藩士・高力猿猴庵

江戸が華やかな庶民文化に湧いていた江戸時代後期、名古屋城下においても文化的繁栄の時代を迎えていた。賑やかな祭りや華やかな行列が街を彩り、芝居、見世物、開帳などが頻繁に催され、人々は繁栄の時代を謳歌して ...

尾張の狩野派・代々続く御用絵師

尾張藩主は代々、教養のひとつとして狩野派の技法を学び、狩野派の画人を御用絵師として召し抱えていた。19世紀の後半からは、神谷姓を名乗る二家系が御用絵師の列に加わり、幕末までその任にあった。神谷養朔、神 ...

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.