UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・山形 洋画家 人物画

岸田劉生とともに「日本人としての油絵」を追求した椿貞雄

投稿日:

椿貞雄「菊子座像」平塚市美術館蔵

米沢市に生まれた椿貞雄(1896-1957)は、幼いころから絵画に親しみ、18歳の時に画家を志して上京、その後まもなく岸田劉生(1891-1929)の個展を見て感銘を受け、19歳で劉生に師事した。劉生は椿を若い友人として迎え、盟友の木村荘八や武者小路実篤らを紹介した。椿は劉生の「西洋に由来する油絵で日本人の心を描く」という理想に共鳴し、劉生とともに写実を通した精神的な「内なる美」を表現するという独自の美術運動を展開した。

椿は、劉生が鵠沼に転居すると自身も移り住んで行動をともにするなど、常に劉生の身近にあり、劉生の影響を強く受けた。そのような椿に対して、劉生の模倣、亜流であるとの批判もあったが、悩む椿に対して劉生は、描く対象を素直に見れば自分のような画になるのだ、と擁護した。

38歳で劉生が急逝した後の椿は、その影響力から離脱しながらも、劉生の理念の正統な継承者として、精神的な基盤には常に劉生を掲げ、61歳の生涯を閉じるまで、写実を基礎とした、東洋の心と美の表現を追求し続けた。

椿貞雄(1896-1957)つばき・さだお
明治29年米沢市生まれ。家業は土建業。早世した医学生の兄の影響で水彩画を始め、米沢中学校在学中に水彩画の団体「紫星会」の結成に加わった。大正3年に上京し、正則中学に入学。岸田劉生の個展を見て感銘を受け、大正4年から劉生に師事し、同年中学を中退して画業に専念した。同年第15回巽画会に出品。また、岸田劉生、木村荘八らと草土社結成に参加し、創立同人となった。大正7年から9年まで再興院展に出品。大正11年には春陽会の創立に参加して客員となった。昭和2年武者小路実篤の主唱による大調和展創立に加わり、春陽会を退会。昭和4年大調和展解散に伴い河野通勢とともに国画会会員に招かれ、以後同展に出品を続けた。昭和7年にはパリに渡りギャラリー・カルミンで個展を開催し、帰国後に滞欧作品展を東京と米沢で開催した。戦後の昭和24年には千葉県美術協会結成に尽力した。昭和32年、千葉において、61歳で死去した。

山形(30)-ネット検索で出てこない画家

文献:生誕100年記念椿貞雄展、生誕120年椿貞雄展 : 椿貞雄と岸田劉生、岸田劉生と椿貞雄 求道の画家







-画人伝・山形, 洋画家, 人物画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.