UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・宮崎 狩野派 花鳥画 鶴図

延岡藩の御用絵師・佐藤周鱗斎

更新日:

松鶴図 佐藤周鱗斎

経歴や作品が残っている延岡藩の御用絵師として、最も早い時期に名前が出てくるのは佐藤周鱗斎(1776-不明)である。周鱗斎の持ち物だった『狩野家累世所用画法』から狩野派の画を学んだことがわかるが、その習得の時期や方法はわかっていない。佐藤家は、養子の竹皋、その子・小皐まで3代続いた絵師だった。

周鱗斎の弟子には、片岡米山(1811-1897)がいる。米山は延岡の生まれではないが、12歳のころから周鱗斎に学び、のちに全国を遊歴、明治9年に帰郷して、八幡神社の宮司をつとめながら絵を描き、主に花鳥画を得意とした。

佐藤周鱗斎(1776-不明)
安永5年生まれ。延岡藩御用絵師。名は喜三郎、義雄。習得の時期や方法はわからないが、狩野派の画法を学んだと思われる。養子の竹皐、その子の小皐も絵を描いた。

佐藤竹皐(1819-1882)
文政2年延岡恒富生まれ。名は龍平。佐藤周鱗斎の養子。江戸に出て高久靄崖に師事し、主に山水画を学んだ。天保14年の靄崖没後は岡本秋暉に師事した。明治15年、64歳で死去した。

佐藤小皐(1861-1928)
文久元年生まれ。名は鶏太郎。明治13年に上京して渡辺小華や滝和亭に師事した。第2回内国絵画共進会に出品。明治19年に東京蠶業講習所を卒業し、延岡出身の宮崎の製糸場を経営していた遠山克太郎の勧めで、宮崎に移住した。大正9年北日本文明重要品博覧会で三等賞銅牌、全国大家名画監査会で二等賞銀牌を受けた。また、大正13年からは佐土原の根井南華の指導をした。昭和3年、69歳で死去した。

片岡米山(1811-1897)
文化3年日知屋原町生まれ。名は大学。泰雲亭米山と号した。文政6年から佐藤周鱗斎に師事し狩野派の画法を8年間学んだ。その後全国を遊歴し、明治9年に帰郷、富高新町の稲荷社の神官附属となり、それからは神職として過ごした。日向市内に作品が何点か確認されており、正念寺には天井画が残っている。明治30年、87歳で死去した。

文献:宮崎県地方史研究紀要第12号「宮崎の近代美術」、郷土の絵師と日本画家展

1000ピース ジグソーパズル 霊峰百鶴図(50x75cm)
アップルワン







-画人伝・宮崎, 狩野派, 花鳥画, 鶴図

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.