UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・宮崎 南画・文人画家 花鳥画

延岡藩の南画家・岡部南圃

更新日:

岡部南圃「百花百鳥図」延岡市内藤記念館蔵

延岡藩の最初の御用絵師・佐藤周鱗斎は狩野派だったが、その後の延岡の絵師は、周鱗斎の子の佐藤竹皐、孫の佐藤小皐をはじめ、そのほとんどが南画を学んでいる。延岡藩が南画王国だった豊後に近く、また飛び地もあったことから、その影響があったことも考えられる。

延岡の南画家たちは、谷文晁の流れを汲むものが多く、江戸に出て谷文晁の弟子や孫弟子に直接師事したものもいれば、修業して帰郷したものに宮崎県内で師事したものもおり、その流れは昭和まで続いた。主な画家としては、佐藤竹皐・小皐親子をはじめ、岡部南圃、塩月秋圃、鈴木月谷、小泉二山らがいる。

江戸後期の延岡画壇の第一人者・岡部南圃は、修業した時期や年齢は定かではないが、江戸で岡本秋暉に花鳥を学び、春木南湖に山水を学んだ。「延岡先賢伝」によれば、南圃の絵は、写生に意を用い、洋画の重ね塗りを思わせるところがあり、南画、北画、円山派を折衷した画風で、谷文晁、渡辺崋山らの影響を思わせるとされている。

岡部南圃(1807-1873)
文化4年生まれ。岡部秀七の四男。名は恒之、字は藤平。別号に介甫、南甫がある。江戸に出て佐藤竹皐と同じく岡本秋暉に師事して花鳥画を学び、春木南湖について山水画を学んだ。帰郷後は御画師として藩主・内藤政義につかえ、現在の延岡小学校東前の角あたりに住んでいた。代表作として「百花百鳥図」「寿老人」「名花十支の図」などが残っており、没後84年目には延岡で初の遺作展が開催された。門人に鈴木月谷、塩月秋圃、清水蓮溪、佐藤南巌がいる。明治6年、67歳で死去した。

鈴木月谷(1835-1906)
天保6年延岡生まれ。名は迂一、のちに厚。別号に霞峰がある。嘉永6年から岡部南圃に学び、江戸に出て岡本秋暉、福田半香、高久靄崖に師事した。のちに延岡に帰郷して、内国絵画共進会の第1回展、第2回展に出品した。明治31年に宮崎女学校図画教師嘱託となったのを機に宮崎市に移住、明治33年からは県立宮崎女学校嘱託となった。門人に小泉二山、河野立巌、佐野徳輝、根井南華がいる。明治39年、73歳で死去した。

塩月秋圃(不明-不明)
延岡生まれ。名は仁平。岡部南圃に学び、人物画や花鳥画を得意とした。晩年は延岡市内で凧や幟の絵を描いたという。71歳の時の作品が残されているが生没年は不明。

文献:延岡先賢伝、延岡先賢遺作集、宮崎県地方史研究紀要第12号「宮崎の近代美術」、郷土の絵師と日本画家展

百鳥画譜 学一百通 中国画基礎技法叢書 写意花鳥 中国絵画
陳再乾
広西美術出版社







-画人伝・宮崎, 南画・文人画家, 花鳥画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.