画人伝・兵庫 日本画家 歴史画

近代日本画において大和絵に新機軸を示した松岡映丘

松岡映丘「宇治の宮の姫君たち」姫路市立美術館蔵

松岡映丘「宇治の宮の姫君たち」姫路市立美術館蔵

松岡映丘(1881-1938)は、兵庫県神東郡田原村(現在の神崎郡福崎町)に生まれた。父親の松岡操は医者で漢学者でもあり、4人の兄は民俗学者で知られる柳田国男、医者で国文学者の井上通泰ら、いずれも各界で名を成している。

映丘は9歳で上京し、14歳頃に橋本雅邦に入門したが、やがて大和絵を志すようになり、住吉派の山名貫義に師事し、大和絵の研究を深めた。その後東京美術学校日本画科に入り、卒業後は同校助教授となり、小堀鞆音のもとで大和絵の研究とともに後進の指導にあたった。

大正元年、第6回文展で「宇治の宮の姫君たち」(掲載作品)が初入選し、以後も文展、帝展に出品し、有識故実を踏まえた大和絵に新機軸を示して注目された。大正10年からは「新興大和絵会」を主宰し、新興大和絵を提唱する絵画運動を精力的に続けた。

明治、大正と欧化する時代のなかで、伝統的大和絵を近代的に再生して新しい日本画の創造を目指した映丘の姿勢は、その後の日本画に大きな示唆を与え、その門下からは橋本明治高山辰雄、杉山寧ら昭和期の日本画壇を牽引する日本画家たちが出ている。

松岡映丘(1881-1938)まつおか・えいきゅう
明治14年兵庫県神東郡田原村(現在の神崎郡福崎町)生まれ。本名は輝夫。父松岡操は医者・漢学者。兄に国文学者の井上通泰、民俗学者の柳田国男がいる。はじめ橋本雅邦に学び、ついで山名貫義に師事した。明治32年東京美術学校日本画科に入学、明治37年同校を卒業し、明治41年同校助教授となった。大正元年第6回文展で初入選し、以後文展に出品した。大正5年には鏑木清方、吉川霊華、結城素明、平福百穂ら若手画家と「金鈴社」を結成。大正7年東京美術学校教授に就任。大正8年帝展審査員に就任。大正10年新興大和絵会を創立。昭和4年帝展で院賞受賞。昭和5年伊太利展開催に際して渡欧、同年帝国美術院会員となった。昭和10年国画院を創立。昭和12年帝国芸術院会員。昭和13年、58歳で死去した。

兵庫(23)-画人伝・INDEX

文献:兵庫ゆかりの日本画家たち展、兵庫の美術家県内日本画壇回顧展、松岡映丘展、コレクションでたどる姫路市立美術館の25年、兵庫の絵画100年展




You may also like

おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・兵庫, 日本画家, 歴史画

© 2024 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5