画人伝・兵庫 日本画家 風俗図・日常風景

故郷姫路の風物やそこで暮らす人々を画面いっぱいに描いて異彩を放った丸投三代吉

丸投三代吉「鄙歌」姫路市立美術館蔵

丸投三代吉「鄙歌」姫路市立美術館蔵

丸投三代吉(1911-1991)は、兵庫県飾磨郡広村ノ内広畑(現在の姫路市広畑区)に生まれた。小学校時代に近所の画家に画の手ほどきを受け、卒業後に画家を志したが叶わず、農業を手伝うかたわら美人画、肖像画などを描いて生計を立てた。

昭和18年召集され、シベリア抑留を経て昭和22年帰国した。その後は、播磨美術展、姫路市展などに出品を続け、昭和33年、48歳の時に日本美術院展に初入選を果たし、以後同展に出品した。昭和39年からは小松均主宰の甲辰会に入り、昭和54年日本美術院特待となった。

故郷の風物やそこで暮らす人々を画面いっぱいに描き、そのエネルギッシュな作品はしばしば話題となり、ニューヨーク近代美術館での「今日の世界美術展」など海外でも紹介された。

丸投三代吉(1911-1991)まるなげ・みよきち
明治44年兵庫県飾磨郡広村ノ内広畑(現在の姫路市広畑区)生まれ。貧困のなか画を学び、美人画や肖像画などを描いて生計を立てた。昭和18年応召し、シベリア抑留を経て昭和22年帰国。昭和33年第43回日本美術院展で初入選し、以後同展を中心に活動し、昭和37年院友、昭和54年特待となった。昭和49年姫路市文化賞を受賞。平成3年、80歳で死去した。

兵庫(65)-画人伝・INDEX

文献:兵庫ゆかりの日本画家たち展、丸投三代吉展、コレクションでたどる姫路市立美術館の25年、兵庫の絵画100年展




You may also like

おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・兵庫, 日本画家, 風俗図・日常風景

© 2024 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5