画人伝・兵庫 美人画・女性像

日本の可愛いもの文化の元祖とされる松本かつぢ

松本かつぢ「みずうみのほとり」

松本かつぢ「みずうみのほとり」

松本かつぢ(1904-1986)は、兵庫県神戸市に生まれ、小学4年の終わりに家族とともに上京し神田猿楽町に住んだ。夏目漱石も出た名門・錦華小学校に転校し、同校卒業後は立教中学に進学、在学中から雑誌のカット描きのアルバイトを始めた。

18歳の時に中学校を中退し、本格的にデッサンを学ぶため川端画学校に通ったが、19歳の時に関東大震災が発生したため東京を離れて友人のいた上海に渡った。いずれはパリに渡ることを夢見て渡仏費用をつくるため上海の街頭で絵を売ったりもした。

しかし、20歳の時に兵役検査のために帰国。結局、偏平足のため丙種不合格となり、朝日新聞社の発送課に勤務するかたわら、アルバイト的に博文館の雑誌にカットや挿絵を描いていた。この頃「令女界」に載った蕗谷虹児渡仏送別会の記事に触発され、抒情画家として立つことを決意する。

昭和3年、24歳の時に少女雑誌「少女世界」で挿絵画家として念願のデビューを果たした。すると、エキゾチックで繊細な美少女画でたちまち頭角をあらわし、高畠華宵(参考)、蕗谷虹児(参考)らに続く新世代の画家として人気を博し、中原淳一と人気を二分するようになった。

一方で、ユーモアタッチの挿絵やコミカルな漫画にも挑戦し、新境地を開拓した。昭和13年には少女漫画の先駆け的作品である「くるくるクルミちゃん」の連載を「少女の友」1月号で開始した。同作品は発表雑誌を変えながら足かけ35年もの長期連載となり、クルミちゃんは愛すべきキャラクターとして定着し、次々とグッズ化され、日本のキャラクターグッズの元祖となった。

昭和30年、50歳を迎えたのを機に少女雑誌の仕事からの引退を表明し、童画の仕事やベビーグッズの企画・制作なども手掛け、コンビから発売されたベビー食器は大ヒット商品となるなど多方面で活躍した。

松本かつぢ(1904-1986)まつもと・かつぢ
明治37年兵庫県神戸市生まれ。本名は勝治。父親の仕事の都合で小学校4年生の終わりに家族で東京に移り住んだ。立教中学を中退して川端画学校でデッサンを学んだ。中学在学中から雑誌のカット描きのアルバイトを始めた。昭和初頭に少女雑誌で挿絵画家としてデビュー。昭和13年「くるくるクルミちゃん」の連載を開始し、その後も発表雑誌を変えて35年間連載を続けた。昭和30年代からは童画やベビーグッズの企画・制作も手掛けた。昭和61年、82歳で死去した。

兵庫(66)-画人伝・INDEX

文献:松本かつぢ 昭和の可愛い!をつくったイラストレーター




You may also like

おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・兵庫, 美人画・女性像

© 2024 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5