画人伝・北海道 洋画家 前衛・抽象

戦後の北海道美術

更新日:

まひる 村山陽一

戦後、北海道の美術界は、新しい公募団体の創設やさまざまな美術グループの誕生によって大きく再編成されるようになった。まず、終戦直後の昭和20年、「全道美術協会」(全道展)が創設された。創立会員は居串佳一、池谷寅一、一木万寿三、伊藤信夫、岩船修三、上野山清貢、小川マリ、小川原脩、菊地精二、木田金次郎、国松登、斉藤広胖、高橋北修、田中忠雄、田辺三重松、西村貴久子、橋本三郎、松島正幸、三雲祥之助、山内壮夫、川上澄生の21名で、札幌に疎開していた中央画壇で活躍する作家が多く、結果として全道展は中央との結びつきを強くすることになった。その後、本田明二、栃内忠男、砂田友治らを加え、全道展は北海道美術協会(道展)と北海道画壇を二分するほどの有力団体へと成長していった。

さらに、昭和31年に義江清司、菊地又男、橋本富らによって「新北海道美術会」が結成され、旭川でも「新ロマン派美術協会」や「純生美術会」が誕生した。また、大月源二らの「北海道生活派美術集団」、尾崎志郎、大本靖らの「札幌版画協会」をはじめ、「北海道版画協会」「北海道日本画協会」などが次々と誕生し、北海道画壇は大きく再編へと向かい、同時に北海道美術は新たな活気を呈するようになった。

また、戦後日本美術の流れのなかで台頭してきた抽象美術においては、戦前から中央で活躍していた自由美術の難波田龍起が、戦後になって抽象表現を展開していくかたわら、昭和36年に、赤穴宏、上野憲男、小野州一ら北海道出身の抽象画家と「北象会」を組織した。北海道内では、昭和26年に札幌の渡辺伊八郎や菊地又男が「ゼロ美術同人会」結成、また、旭川では村山陽一が「北海道アンデパンダン展」などを舞台に抽象画を発表した。

村山陽一(1926-1961)むらやま・よういち
大正15年函館生まれ。河東郡鹿追町、札幌を経て、11歳の時に旭川に転居。旭川中学を卒業後、20歳くらいの時に北海道アンデパンダン展に参加したと思われる。昭和27年絵画グループ「土芽会」を主宰。昭和28年鍵谷幸信、小林日出男らと詩論や芸術論を語り合う「タビラコ会」を結成。昭和29年造型集団展を開催、その後、個展、読売アンデパンダン展、現展などに出品。昭和36年、肺結核のため34歳で死去した。

文献:小熊秀雄/村山陽一/丹野利雄:夭折の画家たち 旭川篇、美術北海道100年展、北海道の美術100年、北海道美術史

札幌アートウオーク
谷口 雅春,露口 啓二
北海道新聞社







-画人伝・北海道, 洋画家, 前衛・抽象

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.