画人伝・群馬 洋画家 風俗図・日常風景

文芸も絵画も独学で学んだ福田貂太郎

福田貂太郎「『いくさのにはの人通り』口絵」

福田貂太郎「『いくさのにはの人通り』口絵」

福田貂太郎(1903-1991)は、明治36年前橋市に生まれた。前橋市立桃井尋常高等小学校を5年1学期に中退してから、以後、正規の学校教育を受けることはなかった。画家を志してからも、師につくことはなく、文芸も絵画も独学で学び、詩人の高橋元吉や伊藤信吉らと交流した。

昭和7年、29歳の時に知人に勧められて国展に出品して初入選、以後国展に出品した。昭和11年、33歳の時に、挿絵、装丁などの仕事で生計をたてるために上京して下落合に住んだが、翌年、日華事変に応召、中国大陸の各地を転戦し、昭和14年に召集解除となり帰還した。帰還後は、雑誌「現代」「キング」「講談倶楽部」「面白倶楽部」などのカット、挿絵の仕事を手がけた。

昭和17年には第5回文展に初入選し、戦後は日展に出品していたが、昭和25年を最後に日展への出品をやめ、昭和29年には国展への出品もやめ、以後は無所属として活動した。柴田天馬訳『聊斎志異』全6巻、村上知行訳『水滸伝』全9巻、柴田天馬訳『三国志』全10巻、奥野信太郎『風流譚』など、中国関連の書籍の挿絵や装丁を多く手がけた。

福田貂太郎(1903-1991)ふくだ・てんたろう
明治36年前橋市生まれ。独学で油絵を学んだ。昭和7年第7回国展に風景画など4点が初入選、以後同展に出品した。昭和9年前橋市立図書館で初個展を開催。昭和11年上京、文芸雑誌の挿絵、カット絵、装丁などを手がけた。昭和17年第5回文展に初入選、戦後もしばらく国展と日展に出品し、日展には昭和25年まで出品、国展には昭和29年まで出品したが、昭和30年以降は無所属として活動した。県展には早くから出品し、県美術会常任理事をつとめた。平成3年、87歳で死去した。

群馬(32)-ネット検索で出てこない画家

文献:福田貂太郎 画と書と文と、群馬の美術 1941-2009 群馬美術協会の結成から現代まで、群馬県人名大事典









-画人伝・群馬, 洋画家, 風俗図・日常風景

© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5