画人伝・北海道 洋画家 夭折の画家 人物画 肖像画・自画像

三岸好太郎とともに上京し、25歳で没した俣野第四郎

更新日:

良子之像 俣野第四郎 北海道立近代美術館蔵

三岸好太郎の無二の親友だったのが、札幌第一中学出身で三岸より1歳年上の俣野第四郎である。二人は一緒に上京し、貧しい共同生活のなか、励まし合い、刺激し合いながらともに画家を目指した。しかし、中学時代から結核を患っていた俣野は、療養先の沼津で25歳の短い生涯を閉じてしまう。悲しみにくれる三岸は「片腕失った気がする」と嘆き、札幌と東京で俣野の遺作展を開催し、友の死を悼んだ。

函館に生まれた俣野第四郎(1902-1927)は、明治40年に一家で札幌に転居した。大正3年に札幌第一中学に入学、翌年入学してきた三岸好太郎と同校の美術クラブ霞会で知り合い、以後無二の親友となる。生来病弱な体質で、中学時代に結核を発病し休学している。大正10年、三岸とともに上京してしばらく窮乏の共同生活を送った。時にはひとつの絵具箱を交代で使いながら、絵の勉強に励み、春陽会、中央美術展などに入選。大正12年には三岸、小林喜一郎と札幌で三人展を開き、大正14年の道展第1回展には、特別会員として出品している。

大正13年、大連、ハルピンを旅行したが、強行な日程が災いしたのか体調を悪化させ、翌年春に療養のため静岡県の沼津に移ることになった。沼津では散策をしながらスケッチをしたり、気が向けばそれを油彩にした。穏やかな環境のなかで制作をしていたが、中央で活躍する三岸や友人たちに対する焦燥感があったのか、昭和2年3月に沼津ではじめての個展を開催する。しかし、その準備による疲労や雨にうたれたことから肺炎にかかり、同年4月25歳で没した。

俣野第四郎(1902-1927)またの・だいしろう
明治35年函館生まれ。明治40年函館大火を契機に一家で札幌に移り住んだ。大正3年北海道庁立札幌第一中学校に入学、学内の美術クラブ霞会に所属し、林竹治郎の指導を受けた。同会で一学年下の三岸好太郎と知り合い、以後無二の親友となる。大正6年肺結核を患い一時休学。大正9年同中学を卒業し、受験のため上京するが失敗。このころ岸田劉生の展覧会を見て傾倒するようになる。いったん札幌に戻るが、大正10年に三岸とともに再上京して受験し、東京美術学校建築科に入学。大正11年中央美術展に初入選。大正12年体調不良のため東京を離れ、千葉の房総や鎌倉で1ケ月ほど過ごした。大正13年春陽展に初入選するが、同年10月体調がさらに悪化、翌年美術学校を休学し、療養のため母とともに沼津に転居した。大正15年春陽会展、聖徳太子奉讃美術展覧会に出品。同年には妹の良子も療養のため沼津に来ている。昭和2年3月沼津で個展を開催。個展準備の疲労と雨に濡れたため肺炎にかかり、同年4月、25歳で死去した。

文献:北の夭折の画家たち、青春の軌跡-三岸好太郎と俣野第四郎、それぞれの青春-俣野第四郎・三岸好太郎・久保守、北海道の美術100年、美術北海道100年展、北海道美術史

三岸好太郎―夭折のモダニスト (ミュージアム新書)
北海道新聞社







-画人伝・北海道, 洋画家, 夭折の画家, 人物画, 肖像画・自画像

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.