UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・福島 日本画家 花鳥画 鷹図

福陽美術会を組織し、福島県の日本画の普及と向上に貢献した勝田蕉琴

投稿日:

勝田蕉琴「喬松蒼鷹」福島県立美術館蔵

福島県棚倉町の士族の家に生まれた勝田蕉琴(1879-1963)は、はじめ会津の画家・野出蕉雨について日本画の基礎を学び、その後上京して橋本雅邦に師事、その翌年東京美術学校日本画科に入学した。同校卒業後はインドに官費留学し、詩人タゴールの一族に日本画を教えたほか、官立の美術学校でも教鞭をとった。また、アジャンタ石窟、ブッダガヤなどの仏教遺跡の調査も行ない、チベット探検で知られる河口慧海とともにダージリンにも出かけた。

明治40年に帰国すると、同年から始まった文展に出品し入選。その後は官展を主な発表の場とし、昭和4年には帝展審査員をつとめるなど中央画壇で活躍した。またその一方で、明治41年に福島県初の本格的展覧会といえる第6回奥羽六県連合共進会美術展の開催に尽力したほか、大正8年には福陽美術会の結成を発起するなど、常に県内画家の指導者的立場で、福島県での日本画の普及と向上に力を尽くした。

大正8年に結成された福陽美術会は、実業家の辰野宋義を会頭に、蕉琴をはじめ、荻生天泉、坂内青嵐、酒井三良、太田秋民、湯田玉水、酒井白澄、移川浩哉が発起人となり、福島県出身の日本画家の研鑽親睦団体として結成された。ほどなく、蕉琴が会長となり、戦前に15回の展覧会を東京と福島県で開催し、若手の登竜門として多くの日本画家を輩出した。

勝田蕉琴(1879-1963)かつた・しょうきん
明治12年東白川郡棚倉町生まれ。本名は良雄。12、3歳頃から野出蕉雨に手ほどきを受け、明治32年上京して橋本雅邦に師事。翌年東京美術学校日本画科に入学し、成績優秀により本科を3年で終えて選科進級した。明治38年同校卒業後は、詩人タゴールに招かれ渡印、カルカッタの美術学校で教鞭をとった。明治40年帰国、同年の第1回文展に出品、のちに国画玉成会に参加した。官展の重鎮として活躍し、大正2年第7回文展で三等賞受賞、大正15年には同展委員、昭和4年帝展審査員をつとめた。大正8年石井林響らと如水会を結成した。(同会は10年に解散)また、同年福陽美術会創設の発起人となり、会長もつとめた。昭和10年帝展改組に反対し、しばらく出品を控えた。戦時中は本宮蛇の鼻に疎開し、研思荘と号した。昭和38年、83歳で死去した。

福島(25)-ネット検索で出てこない画家

文献:反骨の日本画家勝田蕉琴展、ふくしま近代美術の舞台、ふくしまの美術 昭和のあゆみ、野出蕉雨展、会津人物事典(画人編)









-画人伝・福島, 日本画家, 花鳥画, 鷹図

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.