UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・福島 南画・文人画家 花鳥画

豊麗な「牡丹画」のスタイルを完成させ、特に「牡丹に孔雀図」を得意とした野出蕉雨

投稿日:

野出蕉雨「孔雀牡丹図」

会津若松城下の武士の家に生まれた野出蕉雨(1847-1942)は、画を好み、15歳ごろから同じ会津藩士である塩田牛渚について南画を学んだ。藩主・松平容保が京都守護職として在任中は、藩命をもって京都に出向き、任務のかたわら、先に上京していた牛渚から再び画を学び、のち山本琴石にも学んだ。

慶応4年、22歳の時に戊辰戦争に参戦し、西郷頼母に従って勢至堂峠に出陣、籠城戦に入ってからは宝積寺不明口を守って戦ったが敗戦した。戊辰戦争後は、一時農業や裁判所雇などをしていたが、本郷の瀬戸町に移り住んで焼物の絵付けをしたり、絵付師の指導をしたりしていた。

明治10年ごろに若松七日町の阿弥陀寺東側に居を移し、本格的に制作活動を開始し、明治17年、37歳の時に上京して滝和亭の門に学んだ。このころ豊麗な「牡丹画」のスタイルを完成させ、特に牡丹に孔雀の図を得意とした。健康に恵まれ、病気としては81歳の時に肺炎を患ったくらいで、95歳の長寿をまっとうした。

野出蕉雨(1847-1942)ので・しょうう
弘化4年若松米代三の丁生まれ。父の名は八左衛門。名は善次、通称は平八。はじめ会津藩士・塩田牛渚について南画を学んだ。戊辰戦争後は、一時農業や裁判所雇などをするが、本郷の瀬戸町に住み陶画の指導などをした。明治10年ころから本格的に制作活動を開始し、明治17年上京し、滝和亭に学んだ。主な門人としたは、勝田蕉琴、大堀半仙、梁取蕉園らがいる。画のかたわら、宝生流に秀で、会津謡曲の振興に尽力し、仕舞にも堪能だった。昭和17年、95歳で死去した。

福島(18)-ネット検索で出てこない画家

文献:会津の絵画と書、野出蕉雨展、会津人物事典(画人編)









-画人伝・福島, 南画・文人画家, 花鳥画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.