画人伝・滋賀 日本画家 風景画

世界平和を願い各国要人に富士の絵を贈った山元桜月

山元桜月「日枝山より琵琶湖を望む」(部分)滋賀県立美術館蔵

山元桜月「日枝山より琵琶湖を望む」(部分)滋賀県立美術館蔵

山元桜月(1887-1985)は、滋賀県大津市白玉町(現在の大津市浜町)に生まれた。山元春挙は叔父にあたる。16歳の時に春挙の門に入り「春汀」の号を与えられた。明治40年に文展が創設されるとその第1回展に入選し、その後も文展、帝展、新文展と官展に出品を続けた。

昭和8年、師の春挙が没すると、生前の春挙の助言に従い、精神性を追究するために山梨県の山中湖畔に移住し、雅号を「桜月」に改めた。その後も新文展に出品したが、昭和18年の第6回新文展に「富嶽の神秘」を出品したのを最後に画壇から距離を置き、自らが美の極致と考えた富士山の描写に専念した。

その徹底して富士山を描く姿勢は、自らも多くの富士の作品を描いている横山大観が「富士の真の姿を描いて行くのは桜月君が最もふさわしい画家」と評するほどだったという。97歳で没するまでひたすら富士を描き続けた桜月は、終戦後、世界平和と相互信頼の実現を目指し、完成した富士の作品を世界各国の要人たちに寄贈し続けた。

山元桜月(1887-1985)やまもと・おうげつ
明治20年滋賀県大津市白玉町(現在の大津市浜町)生まれ。山元春挙の甥。本名は三郎。明治36年山元春挙に入門し春汀と号した。明治40年第1回文展入選。以後文展・帝展に出品した。昭和8年師の春挙が死去し、この機に桜月と改号。以後も帝展・新文展に出品、昭和18年第6回新文展に「富嶽の神秘」を出品した頃から世俗を離れ「神嶺として観る富士山」の描写に専念。その作品を世界平和と相互信頼の実現を目指して機会あるごとに世界各国の指導的地位のある人に献呈した。昭和60年、97歳で死去した。

滋賀(33)-画人伝・INDEX

文献:近江の画人、滋賀県の日本画




You may also like

おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・滋賀, 日本画家, 風景画

© 2024 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5