画人伝・長野 日本画家 歴史画

黒澤映画の衣裳考証でも名を高めた歴史画家・江崎孝坪

江崎孝坪「手向け」

江崎孝坪「手向け」

江崎孝坪(1904-1963)は、上伊那郡高遠町(現在の伊那市高遠)に生まれた。小学生のころから絵を描くことが好きで、14歳の頃に小学校を中退して上京、日本橋にある呉服の小物問屋・細田につとめ、風呂敷、羽二重などの図案を手がけた。

勤務のかたわら、蔦谷龍岬に師事し、昭和2年、第8回帝展に初入選、以後も帝展に出品した。昭和8年の龍岬没後は、15年余り勤務した細田をやめ、昭和10年頃から前田青邨に師事して画業に専念し、次第に歴史画家としての評価を確立していった。

戦後、日展を中心に出品し、第1回日展で「手向け」(掲載作品)が特選となり、第3回日展で「像造」が再び特選を獲得し、第6回日展では審査員もつとめた。新しい題材を求めて、仏画や現代風俗にも新境地を拓き、井上靖の「風と雲と砦」、大仏次郎「乞食大将」の挿絵を描くなど幅広く活動した。

また、有識故実や時代考証に造詣が深く、黒澤明の映画「七人の侍」の衣装考証でも名を高め、吉川英治「太閤記」、飯沢匡「濯ぎ川」などの歌舞伎座の舞台装置家としても活躍した。

江崎孝坪(1904-1963)えざき・こうへい
明治37年上伊那郡高遠町(現在の伊那市高遠)生まれ。名は孝平。小学校高等科を2年で中退して上京、呉服店に奉公、図案書きになったのち、蔦谷龍岬に師事した。昭和2年第8回帝展に初入選。以後も帝展に出品した。龍岬没後は前田青邨に師事し歴史風俗画、人物画を描いた。第二次世界大戦中は戦争画も発表した。昭和21年第1回日展での特選をはじめ、文展・日展を通じて5回特選となった。新聞、雑誌に挿絵を発表、ヴェネツィア映画祭グランプリ受賞作の「羅生門」や「七人の侍」の衣裳考証でも名を高めた。昭和27年、長野県展日本画部審査員をつとめた。昭和38年、60歳で死去した。

長野(50)-画人伝・INDEX

文献:近代の歴史画展-江崎孝坪と武者絵の系譜、長野県美術全集 第4巻、上伊那の美術 十人集、郷土美術全集(上伊那)、長野県信濃美術館所蔵作品選 2002、 長野県美術大事典

-画人伝・長野, 日本画家, 歴史画

© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5