UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・青森 南画・文人画家 山水・真景

津軽初の本格的な女性絵師・工藤晴好

更新日:

工藤晴好「登旭日春日遊鴉」

津軽初の本格的な女性絵師とされる工藤晴好(1867-1924)は、はじめ弘前で三上仙年に学び、その後上京して奥原晴湖の塾に入り、晴湖の養女・晴翠に学んだ。奥原晴湖は、明治初期を代表する女傑といわれた画家で、当時、安田老山とともに南画壇の人気を二分していた。女傑・晴湖の子・晴翠に学んだ晴好もまた雄大な画風を示すようになったとされる。この頃には、夫の日本画家・工藤仙来(1863-1944)と協議離婚が成立しており、東京の秋山宅に寓居していて、ここを拠点に旅に出ては絵を描き、子どもたちを養育していた。そして、大正9年には第2回帝展で初入選を果たした。

元夫の工藤仙来(1863-1944)は、工藤仙乙、三上仙年について日本画を学んだほか、彫刻、漆芸なども学んでおり、さらに陶芸を独学して八雲焼を考案した。美術、彫刻、工芸品に独自の技法を加えて制作していたが、日本画や漆絵に用いる金粉が高価なため、生活は困窮していたという。仙来は、貧しいながらも人情に厚い人で、無欲に徹し、子どもたちを集めてはともに遊び、気の毒な納豆屋を見ると毎日それを買ってやったという。客には、何もないと砂糖を出してもてなしていた。妻の晴好と別れた後は、弘前市内を転々と移り住み、娘の蝶のいた山道町聖公会教会の一室で最期を迎えた。

仙来と晴好の娘・蝶も、絵をよくした。蝶は、母晴好の援助のもと東京女子美術学校の日本画科を卒業し、新潟県柏崎高等女学校につとめ、さらに山形県立酒田高等学校で教鞭をとっており、この頃から晴華と号して日本画を描いていた。作品は弘前市内にいくつか残っている。

工藤晴好(1867-1924)くどう・せいこう
慶応3年深浦町生まれ。本名は相馬タケ。幼いころから画を好み、祖父の実家宮川家を頼って弘前に出て、三上仙年に絵を学び、春年と号した。明治18年に日本画家の工藤仙来と結婚。仙年没後は上京して奥原晴湖の塾に入門、晴湖の養女晴翠に学び、師の一字をもらって晴好と改号した。明治32年第2回全国絵画共進会に出品。大正9年第2回帝展に「積翠」が初入選。大正14年、58歳で死去した。

工藤仙来(1863-1944)くどう・せんらい
文久3年弘前北川端町生まれ。本名は工藤直弥。はじめ父親の雲崖に画法を学び、17歳の時から工藤仙乙、三上仙年について学んだ。また、15歳の時には彫刻師・前田八十之節について彫刻を学び、塗物師・小田桐勇馬について漆工を習い、陶芸を独習して楽焼を研究、独自に八雲焼を考案し、その後東京に出て制作した。昭和5年第1回東奥美術社展日本画の部に「海」を出品した。昭和19年、81歳で死去した。

工藤晴華(不明-1965)くどう・せいか
工藤仙来・晴好の娘。名は蝶。東京女子美術学校の日本画科を卒業。同校卒業後は新潟県柏崎高等学校などで教鞭をとった。昭和40年、78歳で死去した。

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、津軽の絵師、津軽の美術史、青森県近代日本画のあゆみ展

寒流 飯島幸永写真集: 津軽のおんな 越後・雪下有情
彩流社







-画人伝・青森, 南画・文人画家, 山水・真景

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.