画人伝・山形 狩野派 中国故事

江戸後期の尾花沢を代表する絵師・沼沢永朔

左:沼沢永朔「大舜図」絵馬(天童市若松寺観音堂蔵)
右:狩野永清「桜花の図」屏風(右隻部分)(山形市わらべの里資料館蔵)

漆山村(現在の山形市)の設楽東玉斎とほぼ同時代に活躍した絵師に、尾花沢の沼沢永朔がいる。永朔は、若いころ江戸に出て狩野家に入門し、「狩野」の姓を許されたとされ、江戸後期の尾花沢を代表する絵師であり、40点ほどの作品が確認されている。残された作品からは、狩野派だけでなく、四条派、土佐派の画法の習得もうかがえるが、その人となりを著した資料はほとんどない。

また、同時代の尾花沢に「狩野永清」という絵師の存在が確認されているが、これを永朔の弟子とする説(武田喜八郎著作集巻2)と、永朔と同一人物とする説(野口孝雄著:落款からわかる絵師・沼沢永朔の別号とその作品)がある。

沼沢永朔「布袋図」

沼沢永朔(1761-1839)ぬまさわ・えいさく
宝暦11年尾花沢生まれ。沼沢又右衛門・平七の長男。幼名は寒次郎、のちに永作。江戸後期の尾花沢地方においては狩野派随一と評されている。若いころ江戸に出て狩野派に学び、狩野の称号を許された。天保10年、78歳で死去した。

山形(19)-画人伝・INDEX

文献:尾花沢市史(上巻)、村山の歴史、天童美術の流れ展、 武田喜八郎著作集巻2、「落款からわかる絵師・沼沢永朔の別号とその作品」(掲載誌:山形民俗、著者:野口孝雄)




You may also like

おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・山形, 狩野派, 中国故事

© 2024 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5