UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・山形 狩野派 中国故事

江戸後期の尾花沢を代表する絵師・沼沢永朔

投稿日:

左:沼沢永朔「大舜図」絵馬(天童市若松寺観音堂蔵)
右:狩野永清「桜花の図」屏風(右隻部分)(山形市わらべの里資料館蔵)

漆山村(現在の山形市)の設楽東玉斎とほぼ同時代に活躍した絵師に、尾花沢の沼沢永朔がいる。永朔は、若いころ江戸に出て狩野家に入門し、「狩野」の姓を許されたとされ、江戸後期の尾花沢を代表する絵師であり、40点ほどの作品が確認されている。残された作品からは、狩野派だけでなく、四条派、土佐派の画法の習得もうかがえるが、その人となりを著した資料はほとんどない。

また、同時代の尾花沢に「狩野永清」という絵師の存在が確認されているが、これを永朔の弟子とする説(武田喜八郎著作集巻2)と、永朔と同一人物とする説(野口孝雄著:落款からわかる絵師・沼沢永朔の別号とその作品)がある。

沼沢永朔「布袋図」

沼沢永朔(1761-1839)ぬまさわ・えいさく
宝暦11年尾花沢生まれ。沼沢又右衛門・平七の長男。幼名は寒次郎、のちに永作。江戸後期の尾花沢地方においては狩野派随一と評されている。若いころ江戸に出て狩野派に学び、狩野の称号を許された。天保10年、78歳で死去した。

山形(19)-ネット検索で出てこない画家

文献:尾花沢市史(上巻)、村山の歴史、天童美術の流れ展、 武田喜八郎著作集巻2、「落款からわかる絵師・沼沢永朔の別号とその作品」(掲載誌:山形民俗、著者:野口孝雄)







-画人伝・山形, 狩野派, 中国故事

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.