UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・和歌山

狩野派から南画へ・笹川遊原と門人たち

更新日:

狩野派の画人の中には、諸派の画風を取り入れながら画技を模索するものも出てきた。養父である二代笹川遊泉の後を継ぎ、紀伊藩の御絵師をつとめた笹川遊原(1828-1881)は、壮年の頃は純然とした狩野派だったが、その後、俵屋宗達の画風を慕い、さらに南宗画の筆法を学んだ。遊原の門から出た筑紫翠雲も、諸派の長所を取り入れながら研鑚にはげみ、ついに南画で一家をなした。

笹川遊原(1828-1881)
文政11年生まれ。名は昌信、通称は蕭々齋、別号に瑟がある。祖先は丹波笹山で、養父遊泉の後を受けて紀伊藩の御絵師となった。壮年の頃は純然とした狩野派だったが、中年になるとおおいに感じるところがあって、光琳派に着眼し、俵屋宗達の画風を慕い、没骨の用墨法を研究して取り入れた。また、元治慶應の頃からは、南宗画の筆法を学び、意の欲するままに縦横に筆を運び描いた。筑紫翠雲、榎本遊谷、岡本遊汀らはこの門から出た。明治14年、54歳で死去した。

筑紫翠雲(1837-1905)
天保8年和歌山生まれ。名は廣寧、通称は熊次郎。別号に遊岱、霞谷などがある。伊藤周峰の門に遊び、経史を修め、堀端養恒について狩野派の画法を学んだ。のちに笹川遊原について更に画法を学び、それより諸派の長所を取り入れながら、岩瀬半夢、諏訪蕉雨らと研鑚にはげみ、ついに南画で一家をなした。明治38年死去。

榎本遊谷(1848-1923)
嘉永元年和歌山生まれ。名は信敬、字は士行、通称は貫一。別号に醒石がある。少年の頃に笹川遊原について狩野派を学び、のちについにこれをもって身を立てた。大正12年、76歳で死去した。

岡本遊汀(1854-1914)
安政元年和歌山生まれ。名は支樹、字は黄白、通称は季四郎。別号に煙嶺、不識庵などがある。紀伊藩士・岡本一郎の四男。笹川遊原、筑紫翠雲に師事して南宗画をよくした。のちに大阪博物場に勤めた。大正3年、61歳で死去した。

松廣松琴(不明-1891)
名は禎。幼少の頃から画を好み、明治14、5年に筑紫翠雲に師事した。明治24年、21歳で死去した。

田中五峰(1861-1929)
文久元年生まれ。名は又一郎。田中芳助の子。若くして筑紫翠雲に学んだ。昭和4年、59歳で死去した。

和歌山(5)-ネット検索で出てこない画家

文献:紀州郷土藝術家小傳

原色日本の美術〈18〉南画と写生画 (1969年)
小学館







-画人伝・和歌山

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.