UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・栃木 浮世絵師 人物画 美人画・女性像

下野国栃木の豪商との親交のなかで肉筆画の代表作「雪月花」を描いた喜多川歌麿

投稿日:

喜多川歌麿 雪月花三部作のうち「深川の雪」

喜多川歌麿「雪月花」三部作のうち「深川の雪」

美人画の大家として知られる浮世絵師・喜多川歌麿(1753?-1806)の肉筆画の大作「深川の雪」(掲載作品)が、平成24年(2012)2月、60余年ぶりに日本で発見され話題となった。「深川の雪」は、四季折々の遊郭での様子を描いた肉筆画の3部作「雪月花」(深川の雪、品川の月、吉原の花)のうちの一作で、明治期に国外に流出するという運命を辿り、昭和23(1948)年と昭和27(1952)年に銀座松坂屋で展示されたのち、永く行方不明のままだった。

この「雪月花」の制作は、下野国栃木(現在の栃木市)の豪商たちとの親交のなかで描かれたものとされる。自らも筆綾丸という狂歌名を持つ歌麿は、狂歌を通じて栃木の豪商たちと親交を持ち、何度か栃木を訪れていたと考えられている。栃木は、街道や舟運を背景に商業の町として栄え、江戸との交流のなかで文化的な影響も強く受け、その最たるものが狂歌とされ、栃木周辺の狂歌人口はかなりの数にのぼっていたと思われる。

歌麿の作品には、栃木の狂歌師たちが狂歌を寄せたものも多く、なかでも豪商「釜喜」の四代目善野喜兵衛(1768-1856)(狂歌名:通用亭徳成)の狂歌の登場回数が一番多い。善野喜兵衛は、下町(現在の室町)に居を構え、上町(現在の方町)にも店舗を出し、飛脚、書店、薬、お茶、金融業など、手広く商いを行なっていたようである。その叔父にあたる善野伊兵衛が、歌麿の「雪月花」の制作を依頼したと伝わっている。

「雪月花」に関するもっとも古い記録は、明治12年、栃木の定願寺における展観に、当地の豪商・善野家が出品したというものである。その時の出品作を記録した「展覧書画目録」(栃木・岡田記念館蔵)には、「雪月花図紙本大物 三幅対 善野氏蔵」と記されており、三幅が一度に展示されたことがわかる。

また、近年になって栃木周辺で歌麿の肉筆画「女達磨図」(下記掲載)「鐘馗図」「三福神の相撲図」も発見されており、栃木と歌麿の関係を物語っている。

喜多川歌麿「女達磨図」

喜多川歌麿「女達磨図」

喜多川歌麿(1753?-1806)きたがわ・うたまろ
宝暦3年頃生まれ。江戸時代中・後期の浮世絵師。本姓は北川、幼名は市太郎、通称は勇助、または勇記。出生地は明らかではないが、幼時より町狩野の鳥山石燕の門人となり、20歳前後は豊章と名乗った。別号に紫屋、筆の綾丸、燕岱斎、本燕、石要などがあり、忍岡歌麿、蔦の本の哥麿、哥麻呂などの落款が押されたものもある。十返舎一九と交わり、一九作の挿絵などを描いたが、故あって絶交したとされる。子はなく、門人としては月麿、藤麿、道麿、菊麿、秀麿らがいる。文化3年、54歳で死去した。

栃木(11)-ネット検索で出てこない画家

文献:喜多川歌麿展(とちぎ蔵の街美術館)









-画人伝・栃木, 浮世絵師, 人物画, 美人画・女性像

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.