画人伝・栃木 南蘋派 花鳥画

下野の南蘋派・宇都宮藩主の戸田忠翰

左:戸田忠翰「白鸚鵡図」 右:戸田忠翰「雪竹兎図」板橋区立美術館蔵

左:戸田忠翰「白鸚鵡図」
右:戸田忠翰「雪竹兎図」板橋区立美術館蔵

南蘋派の画人として知られる宇都宮藩2代藩主・戸田忠翰(1761-1823)は、江戸に生まれ、38歳で家督を継ぎ、文化6年まで藩主をつとめた。寺社奉行や大阪城代、京都所司代など幕府の要職をつとめた父の忠寛とは異なり、出世欲に乏しく、加えて生来病弱だったため、その生涯における治世上の実績は少ない。

画人としては勢力的に活動していたようで、江戸で南蘋派の画人・森蘭斎に師事し、現在まで30以上の作品が確認されている。ただ、そのほとんどが江戸参勤中に描かれたものと思われ、下野に南蘋派を広める役割を果たしたとはいえない。舶載の鳥を多く飼育していたといわれており、同じ南蘋派画人で伊勢長島藩主・増山雪斎(1754-1819)の賛が入った作品も確認されていることから、ともに文雅と珍禽を愛した二人の大名の交流が指摘されている。

参考:増山雪斎と桑名の画人

戸田忠翰(1761-1823)とだ・ただなか
宝暦11年江戸生まれ。下野国宇都宮藩2代藩主。戸田忠寛の長男。字は含英、蘭徳斎と号した。寛政10年、38歳の時に父の隠居により家督を継いだ。藩政に関しては相次ぐ移封などで財政難で治世での業績には乏しい。森蘭斎に師事し南蘋風の絵をよくした。文政6年、63歳で死去した。

栃木(10)-画人伝・INDEX

文献:百花繚乱列島 江戸諸国絵師めぐり、栃木県立博物館門収蔵資料目録




おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・栃木, 南蘋派, 花鳥画

© 2023 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5