UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・岩手 日本画家 鷹図

新潟の豪商別邸で板戸絵が発見された旧派の実力者・佐藤紫煙

更新日:

佐藤紫煙「鷲図」

現在の岩手県一関市に生まれた佐藤紫煙(1873-1939)は、16歳で上京し、水沢出身の菅原竹侶、ついで滝和亭に師事した。日本美術協会、正派同志会、日本画会などで役員や審査員をつとめ、官展には出品せず、絵画共進会や勧業博覧会、ヴェネツィア・ビエンナーレなどの海外展に出品した。花鳥画を得意とし、皇室の御用品も多く手掛けている。

作品は宮内庁三の丸尚蔵館、曹洞宗大本山永平寺、曹洞宗大本山總持寺などに収蔵されているが、近年になり、遺族から一関市博物館に本画を含めた下絵、下図など多数の資料が寄贈され、平成20年(2008)には、新潟市の旧齋藤家別邸に残る板戸絵などが発見された。

旧齋藤家別邸は、新潟市の市街地中心部に残る大正時代の屋敷で、衆議院議員や貴族院議員もつとめた豪商・齋藤喜十郎が避暑のために建てたものとされる。紫煙の作品は、主屋の三箇所で発見され、いずれも大正8年の作で、得意とする孔雀、鶏、牡丹が桐の引き戸に描かれていた。

紫煙が所属していた日本美術協会の画家は、日本画の革新を目指した「新派」に対し、伝統保守の「旧派」と位置づけられていた。近代美術史においては、横山大観や菱田春草らが属する新派の画家に比べ、旧派の画家に光があてられることは少なかったが、近年になり、旧派の画家たちを再評価する動きも出ている。紫煙に関しても多くの作品が発見されており、今後の研究が期待される。

佐藤紫煙(1873-1939)さとう・しえん
明治6年一関村生まれ。佐藤文蔵の長男。初名は文次郎、9歳で以撒と改名した。別号に紫烟、驪雲山房、関郷、一関山人、一関山房、磐涯、磐崖、磐涯山人、磐崖山人、磐涯釣史などがある。画室は畊華堂(耕華堂)と称した。幼いころから画を好み、郷里の画家・増子南篁に教えを受けた。明治23年、16歳の時に上京して菅原竹侶の門に入り、翌年から滝和亭に入門した。また、山水画を学ぶため衣笠豪谷にも師事した。和亭が老齢になると他に師を求めず、独学で研鑽を積んだ。日本美術協会、正派同志会、日本画会、日本南宗画会、明治絵画会などで役員、審査員をつとめた。昭和14年、65歳で死去した。

文献:美術フォーラム21 第14号「日本美術協会の作家 佐藤紫煙」(著者:大衡彩織)、佐藤紫煙 幻の花鳥画 新潟・大正時代の豪商別邸に残る板戸絵

美術フォーラム21 第14号 特集:メディアが「美術」をつくる。
美術フォーラム21刊行会/醍醐書房







-画人伝・岩手, 日本画家, 鷹図

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.