画人伝・長野 日本画家 風景画

洋画の手法を取り入れて和洋の調和を図った矢沢弦月

矢沢弦月「新秋」(左から「海」「里」「山」)長野県立美術館蔵

矢沢弦月「新秋」(左から「海」「里」「山」)長野県立美術館蔵

矢沢弦月(1886-1952)は、諏訪郡上諏訪村(現在の諏訪市)に生まれた。父は早くから諏訪で印刷業をはじめていたという。幼いころから利発で、尋常小学校を卒業後は、母校の代用教員をつとめていたが、14歳の時に教員を辞めて上京、諏訪郡東堀村(現在の岡谷市)出身の政治家・渡辺国武の家に書生として住み込んだ。

はじめは漢字や英語の塾通いだったが、画業で身を立てることを決意し、渡辺の理解のもと、久保田金僊に学び、ついで寺崎広業の門に入った。広業のもとでは、町田曲江や野田九浦ら先輩や、同年代の蔦谷龍岬、広島晃甫らと交流し、互いに技を競いあった。

明治40年、広業が教鞭をとっていた東京美術学校の専科に入学、4年間学び、同校の日本画科を卒業した。卒業後は渡辺家から独立し、今川橋松屋呉服店の意匠部で図案制作などの仕事をしながら引き続き広業の門で学んだ。

大正2年、第2回文展で褒状を受けてから、一躍世間に名を知られるようになり、以後も官展で好評を博し、大正13年には38歳で帝展委員に推挙され、以後晩年にいたるまで委員・審査員として後進の指導にあたった。一方で、東京女子高等師範学校(現在のお茶の水女子大学)や母校の東京美術学校で講師もつとめた。

昭和4年、パリの日本美術展委員・文部省海外調査員として欧州諸国を廻り、帰国後の作品は大胆に洋画の手法を取り入れて、和洋の調和を図った作品を官展に出品した。この頃、朝鮮美術展や台湾美術展の審査員としても活動した。戦後は日展に出品するとともに、たびたび故郷に帰り、信州美術会や諏訪美術協会の結成に尽力した。

矢沢弦月(1886-1952)やざわ・げんげつ
明治19年諏訪郡上諏訪村(現在の諏訪市)生まれ。名は貞則。小学校を出て母校で代用教員をつとめ、14歳で上京、同郷の渡辺国武の書生となり、17歳で久保田米僊に師事、ついで寺崎広業に入門した。明治44年東京美術学校日本画科を卒業。美術研精会展で入賞。大正2年第7回文展で褒状。その後も文展に出品して注目された。大正8年第1回帝展で特選。同年から東京女子高等師範学校(現在のお茶の水女子大学)で教鞭をとった。その後も帝展に出品、第5回展、6回展で委員となり、第9回展、11回展、13回展、15回展では審査員をつとめた。昭和4年パリの日本美術展委員として文部省からヨーロッパに派遣された。帰国後も官展に出品し、東京美術学校の講師、日本美術学校の教授をつとめた。技法講座「風景描写法」を出版。門人に中村静思らがいる。昭和27年、66歳で死去した。

長野(48)-画人伝・INDEX

文献:長野県美術全集 第4巻、信州諏訪の美術(絵画編)、信州の美術、郷土作家秀作展(信濃美術館)、長野県信濃美術館所蔵品目録 1990、松本市美術館所蔵品目録 2002、長野県美術大事典




-画人伝・長野, 日本画家, 風景画

© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5