画人伝・長野 日本画家 宗教画

西洋古典美術の研究を深め仏教美術に回帰した町田曲江

町田曲江「三大門」(三幅)

町田曲江「三大門」(三幅)

町田曲江(1879-1967)は、下高井郡中野町(現在の中野市)の雑貨商を営む家に生まれた。少年の頃から、小学校の同級生だった菊池契月、金井一章らとともに渋温泉の児玉果亭に学んだが、家族に画家になることを反対され、17歳の時に菊池契月とともに郷里を出て、契月は京都に残り菊池芳文に師事し、曲江は上京して寺崎広業に師事することになった。

明治30年、契月と別れて上京し広業の門に入った曲江は、広業のいう新しい日本画を模索し、同門の野田九浦とともに白馬会研究所に通い、黒田清輝について洋画の技法も学んだ。明治34年、日本絵画協会・日本美術院共進会で褒状1等を受け、その後も各展覧会で好成績を残し、新派の国画玉成会に参加して精力的に活動した。

一方、日本画と洋画の技法を学ぶなかで、どちらの方向に進むべきかと悩み続け、和田三造、岡田三郎助辻永ら洋画家と頻繁に往来するなかで、さらに西洋美術の伝統を学ぶ必要性を痛感し海外留学を決意、明治43年、31歳の時に渡欧した。

渡欧した曲江は、フランスをはじめ西欧諸国を巡って西洋古典美術を鑑賞し、その伝統や技法を学んだ。パリ滞在中には、仏教美術史研究家のアルフレッド・フーシェ教授の指導を受け、その勧めによって帰国の途中にインドに立ち寄り、仏教美術の遺跡を巡歴し、東洋への回帰、日本画への復帰を決意して大正元年に帰国した。

帰国後は、日置黙仙、常盤大空ら仏教関係者と盛んに交遊し、仏教的な主題の絵画を中心に、文展、帝展、新文展に出品した。

昭和19年、65歳の時に戦火を避けて郷里の中野に疎開し、戦後は推されて信州美術会会長をつとめた。また、中央においては日本画院の再興に尽力し、昭和34年に疎開前に住んでいた千葉県市川市に戻ってからは、千葉県美術協会会長をつとめ、地方文化の振興に貢献し、後進の指導にあたった。

町田曲江(1879-1967)まちだ・きょくこう
明治12年下高井郡中野町(現在の中野市)生まれ。名は春之助。明治29年菊池契月とともに京都に出奔し、内海吉堂に師事、吉堂の紹介で東京の寺崎広業に師事した。白馬会研究所にも通った。明治34年第11回日本絵画共進会で褒状1等。明治40年東京勧業博覧会で1等金牌。同年第1回文展で3等賞を受賞した。国画玉成会の評議員になるが翌年内紛が起こり、寺崎広業、川合玉堂ら純東京派の人物画研究会に参加した。明治43年野田九浦とともに渡仏し、仏教美術を研究して大正元年に帰国した。文展、帝展に出品する一方で、大正6年に九浦らと如水会展をはじめた。昭和19年帰郷し、翌年の第1回全信州美術展に審査員として参加、翌年発足した信州美術会の会長に就任した。昭和34年には千葉県市川市に戻り、千葉県美術協会会長をつとめた。昭和42年、88歳で死去した。

金井一章(1879-1944)かない・いっしょう
明治12年下高井郡中野町(現在の中野市)生まれ。名は忠三。生家は繭糸業を営んでいた。小学校の同級生に菊池契月と町田曲江がいた。渋温泉で児玉果亭に南画の手ほどきを受け、その後上京して川端玉章に師事、東京美術学校日本画科選科に進み、明治35年卒業した。卒業制作が好評で、玉章門下で結成された天真社でも注目された。明治40年東京勧業博覧会に出品したが、同年創設された文展には出品しなかった。明治42年に師の玉章が川端画学校を開設した際には助手として協力した。玉章没後は、町田曲江の勧めで寺崎広業に入門した。昭和初期に満州大連に単身で渡り、大連で多くの画会や展覧会を開催したが、寒気のため神経痛が悪化して帰国、郷里に帰ってからは中野と渋温泉で湯治をしながら絵を描いた。晩年は町田曲江の勧めで千葉県市川市に転居した。画歴は不明な点が多い。昭和19年、64歳で死去した。

長野(45)-画人伝・INDEX

文献:長野県美術全集 第4巻、北信濃の美術 十六人集、信州の美術、郷土作家秀作展(信濃美術館)、長野県信濃美術館所蔵品目録 1990、松本市美術館所蔵品目録 2002、長野県美術大事典

-画人伝・長野, 日本画家, 宗教画

© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5