UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・岩手 洋画家 美人画・女性像

岩手洋画壇の基礎を築いた五味清吉

更新日:

五味清吉「秋草」

明治末頃になると、東京美術学校などで学んだものたちが帰郷し、岩手美術界の指導的立場で活動するようになった。明治38年、葛江月らは岩手初の美術団体で日本画中心の「彩友会」を結成、それに続き、明治43年、五味清吉(1886-1954)らが岩手では最初の洋画団体「北虹会」を結成した。

五味は、東京美術学校西洋画科に学び、文展や帝展などの官展を主な発表の場とし、代表作である女性像をはじめ、風景画や肖像画、神話画や歴史画など、幅広い分野の絵画を制作した。五味らが結成した「北虹会」は、その後、洋画家だけでなく日本画家、彫刻家、工芸家も加え「岩手北虹会」と改称、解散するまで6回の展覧会を開催し、岩手美術の発展に貢献した。

また、清水七太郎(1889-1967)は、葛江月らの「彩友会」第2回展、及び五味清吉らの「北虹会」第2回展に出品、その後上京して東京美術学校に入学した。在学中には、石川確と盛岡で「黄菊社」を結成し、その後「七光社」と改称した。萬鉄五郎と頻繁に交流するなど、中央と盛岡のパイプ役として活動し、大正期の岩手洋画壇をリードした。

五味清吉(1886-1954)ごみ・せいきち
明治19年盛岡市生まれ。明治39年盛岡中学校卒業後に上京、岡田三郎助に師事した。明治41年東京美術学校西洋画科に入学し、大正2年に同校を首席で卒業。在学中の明治43年に第4回文展に初入選。同年岩手では最初の洋画団体「北虹会」を結成した。大正9年に渡欧し、サロン・ドートンヌに入選。大正11年に帰国した。大正12年中国に旅行。以後何度か中国を訪れている。昭和19年東京のアトリエを処分して盛岡市に移住。昭和29年、68歳で死去した。

清水七太郎(1889-1967)しみず・しちたろう
明治22年盛岡市生まれ。明治39年第2回彩友会の第2回展に出品、明治44年北虹会第2回展に出品し、翌年上京して東京美術学校西洋画科に入学した。在学中は光風会展、太平洋画会展に出品するとともに、大正3年に当時岩手県師範学校教諭だった石川確と盛岡で「黄菊社」を結成、大正4年には中の橋洋画展を開催して「七光社」と改称した。大正6年東京美術学校を卒業。大正8年目白中学に美術教師として赴任した。当時の教え子に難波田龍起がいる。その後自由美術展、春陽会展などに出品。萬鉄五郎とも頻繁に交流した。昭和39年欧米を廻って長女の住むブラジル・サンパウロに移住。昭和42年、78歳で死去した。

文献:盛岡の先人たち、岩手の近代絵画展、岩手県立美術館所蔵作品選、いわて未来への遺産

いわて未来への遺産 岩手県立美術館収蔵作品・県人美術家作品
岩手日報社







-画人伝・岩手, 洋画家, 美人画・女性像

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.