UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・岩手 洋画家

萬鉄五郎出現後の岩手の洋画家たち

更新日:

佐々木精治郎「震災風景」

萬鉄五郎の出現によって一気に活気づいた岩手美術界では、つづいて佐々木精治郎、五味清吉、清水七太郎、熊谷登久平、白石隆一、舞田文雄らが現れ、それぞれの持ち味を生かして、大正から昭和、そして戦後まで活躍した。

佐々木精治郎(1885-1971)は、農業学校を卒業後に機械化農業を学ぶために渡米し、アメリカの美術学校で学び、卒業後は帰国したが、のちに渡欧してパリを拠点に活動、サロン・ドートンヌなどに出品した。

上京して川端画学校に学んだ熊谷登久平(1901-1968)は、白日展、独立展を中心に活動した。同じく川端画学校に学んだ白石隆一(1904-1985)は、官展、光風展に出品、帰郷後は、一関に美術研究所を開設し、後進の指導にあたった。裁判所につとめていた舞田文雄(1904-1999)は、独立展、日本版画協会展に出品、平成に入っても活躍した。

佐々木精治郎(1885-1971)ささき・せいじろう
明治18年岩手県水沢市生まれ。明治38年岩手県立盛岡農業学校卒業後、機械化農業を学ぶため渡米。明治43年ロサンゼルス美術学校に入学。大正3年に卒業した。大正5年ニューヨークのナショナル・アカデミー・オブ・デザインに入学。大正8年に同校を卒業して帰国。昭和2年渡欧し、パリを拠点に活動。サロン・ドートンヌ、サロン・ド・フランセに出品した。昭和5年帰国。昭和46年、86歳で死去した。

熊谷登久平(1901-1968)くまがい・とくへい
明治34年岩手県千厩町生まれ。大正10年頃に上京し、中央大学商学部に入学し、川端画学校で絵画を学びはじめた。大正15年頃に一関中学時代からの友人・矢野文雄の紹介で長谷川利行と知り合い、親交を結んだ。昭和4年第6回白日展で白日賞を受賞。昭和7年に白日会会員となった。昭和8年第3回独立美術協会展で海南賞受賞、第5回展でも同賞を受賞し、昭和16年独立美術協会会員となった。昭和20年山形に疎開し、地元の美術振興に貢献した。昭和43年、67歳で死去した。

白石隆一(1904-1985)しらいし・りゅういち
明治37年岩手県北上市生まれ。大正12年に上京し、川端画学校に学び、岡田三郎助に師事した。昭和3年第9回帝展に初入選し、以後、文展、日展に出品した。昭和5年東京美術学校に研究生となり、その後、清水良雄に師事した。昭和17年光風会会員となった。昭和20年空襲で自宅と作品を焼失し、実家がある岩手県千厩町に帰郷。昭和29年一関市に一関美術研究所を開設し、後進の指導にあたった。昭和60年、80歳で死去した。

舞田文雄(1904-1999)まいた・ふみお
明治37年岩手県千厩町生まれ。大正9年盛岡市立下ノ橋高等尋常小学校卒業、盛岡地方裁判所雇員となった。昭和2年盛岡地方裁判所書記となった。美術団体「素顔社」の結成に参加。昭和7年第2回独立美術協会展に出品。昭和11年第5回日本版画協会展に出品。昭和15年大審院書記に補され上京したが、昭和21年同職を辞して帰郷。昭和39年第6回現代日本美術展に出品。昭和55年日本版画協会会員となった。平成11年、95歳で死去した。

文献:岩手の近代絵画展、いわて未来への遺産、岩手県立美術館所蔵作品選

鉄人アヴァンギャルド―万鉄五郎
二玄社







-画人伝・岩手, 洋画家

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.