UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。

「歴史画」 一覧

川口月嶺の門人たち

川口月嶺の門人には、実子の川口月村のほか、太田玉嶺、船越月江、沢田雪嶺、原衡岳、金矢桃渓、戸来錦嶺、北條玉洞らがいた。船越月江(1830-1881)と金矢桃渓は、嘉永4年に竣工された盛岡城本丸大奥の障 ...

平家物語を主なテーマにした蔦谷龍岬

弘前市の造花店に生まれた蔦谷龍岬(1886-1933)は、弘前尋常高等小学校を出るとすぐに別家すじの造花店に見習い奉公に出されたが、どうしても絵を描きたくて、父の造花の弟子だった一戸や橘平蔵をたよって ...

津軽家一門から出た絵師・那須芝山と福島晁山

弘前藩主は代々、文武両道を修めた教養人で、狩野派の絵を残しているが、同様に藩主の家系・津軽家一門の出身者にも優れた絵を残している人物がいる。その代表とされるのが、弘前藩八代藩主信明の従兄弟にあたる那須 ...

弘前藩絵師・新井家

新井家は、初代の新井寒竹常償が江戸定府の絵師として召し抱えられて以来、幕末まで七代にわたって、江戸において絵師をつとめた。寒竹は、狩野常信の四天王のひとりと称された高弟で、高い技術を持っていたとされる ...

鹿児島の画家で初めて正式に洋画を学んだ曽山幸彦

鹿児島の画家で最も早く油彩画を描いた床次正精は、本格的な画法の修得のためイタリア留学を希望していたがついに叶わず、独学で洋画技法を学ぶにとどまった。ついで登場した曽山幸彦(1859-1892)は、工部 ...

島津家お雇いとなり「犬追物図」を制作した狩野芳崖

江戸幕府や各藩の御用絵師を代々つとめていた狩野派の絵師たちは、江戸時代の終焉とともに職を失い、生活に困窮するものも多く出た。のちに新しい日本画の創造に取り組み、近代日本画創造運動の先駆者となる狩野芳崖 ...

蒔絵にすぐれ日本画も手がけた秋月可山

大正9年(1920)に発行された「県政評論」では、秋月可山(1867-1932)、土居彩畝(1891-1987)に、延岡から宮崎に移り住んでいた佐藤小皐(1861-1928)を加え「三画人」と称し、「 ...

木挽町狩野家に学んだ都城の絵師・竹之下信成

都城島津家の絵師たちは、ほとんど狩野派に学んでいるが、白谷卜斎にやや遅れて出た内藤等甫(不明-1664)、竹之下信成(1639-1682)、津曲朴栄(1654-1701)は木挽町狩野家に学んでいる。等 ...

大分県に近代日本画を持ち込んだ藤原竹郷と松本古村

南画でなければ日本画ではないという空気の強かった南画王国・大分県に、新しい日本画を持ち込み、美術教師として県内に広めた最初の人物は、東国東郡出身の藤原竹郷(1872-1963)とされる。藤原は、明治3 ...

大分の近世絵画・狩野派

二豊(豊後と豊前の一部)の近世絵画は、18世紀までの狩野派の時代と、19世紀に入ってからの南画の時代に分けられる。江戸幕府で御用絵師をつとめ、地方でも勢力を強めていた狩野派は、大分においても200年ほ ...

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.