UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・沖縄 花鳥画

琉球文化の黄金期を代表する宮廷画家・座間味庸昌(殷元良)

更新日:

雪中雉子之図 座間味庸昌(殷元良)沖縄県立博物館・美術館蔵

座間味庸昌(殷元良)は、琉球絵画を代表する宮廷画家の一人である。庸昌の時代は、琉球文化の黄金期といわれ、現在に伝わる沖縄の伝統文化のほとんどがこの時期に培われた。劇作家の玉城朝薫、文学者の平敷屋朝敏、陶芸家の仲村渠致元、音楽家の屋嘉比朝寄らが活躍し、画家では庸昌に学んだ屋慶名政賀、さらに政賀に学んだ小橋川朝安が出ている。

庸昌は、幼いころからよく画を描き、神童とうたわれた。12歳の時に尚敬王に見出されて城中に召され、宮廷画家として王府内で山口宗季(呉師虔)に絵画の技法を学んだ。35歳で進貢のため北京大筆者となり中国に渡り、中国滞在中は大陸の川、風物、人事などを視察し、画家としての見聞もひろめたと思われる。作品は大倉集古館所蔵の大和絵の流れを汲む「鶉図」、沖縄県立博物館・美術館所蔵の院体画の流れを汲む「雪中雉子の図」などがある。

座間味庸昌(1718-1767)
1718(享保3)年首里生まれ。唐名は殷元良。童名は真牛。仲松里之子親雲上庸象の二男。幼いころから画をよくし、神童とうたわれ、その名は巷間に聞こえるようになり、1729年、12歳の時に尚敬王の命によって首里城に召し入れられ、山口宗季(呉師虔)のもとで画法を学ぶことになった。また、この時に国師であり三司官でもあった具志堅親方文若から「朝廷之一器」であるとして「延器」の字を賜り、尚敬王からは「中山首里」「殷元良印」「延器氏」の印三面を賜った。20歳の時に尚氏松村親雲上朝英の娘と結婚し、29歳で黄冠に叙せられ、34歳で銭御蔵大屋子になった。35歳の時、進貢のため北京大筆者となり中国に渡り、2年後に帰国すると、先生・尚敬の御後絵を制作した。1759年には座間味間切総地頭となり座間味親雲上と称した。1767年、50歳で死去した。

文献:沖縄美術全集4、琉球絵画展、すぐわかる沖縄の美術沖縄の芸術家

月刊目の眼 2017年8月号 (尚 王家の末裔 野津圭子さんと歩く 琉球〜沖縄)
目の眼







-画人伝・沖縄, 花鳥画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.