画人伝・長野 南画・文人画家 中国故事 人物画

飯田藩主堀家のお抱え絵師・島高麿

左:島高麿「高砂尉姥図」、右:島高麿「人物像」

左:島高麿「高砂尉姥図」、右:島高麿「人物像」

島高麿(1791-1871)は、伊那郡南山村(現在の泰阜村)に生まれた。飯田藩主堀家のお抱え絵師として国詰で飯田城につとめ、日常は、城中の障壁画の新規画や補修補筆、藩主所蔵画の修理、古画の模写、奥方やお女中らの使用品の装飾、加筆などに従事していたと思われる。

島高麿の師・春木南湖は、飯田・下伊那の地を訪れたと伝わっており、高麿はその際に師事したものと思われる。下伊那郡南部地域には、南湖やその子・南溟の襖絵などが残っている。高麿の二男の島南岱と四男の島南谷は南溟に師事して、二人とも飯田藩主堀家のお抱え絵師をつとめた。

高麿の門人としては、親田村(下條村)の古田鷹麿、清内路村(阿智村)の桜井峯麿、名古熊村(飯田市鼎)の唐沢湖城らがいる。唐沢湖城は、飯田藩主のなかでも文雅の才能にすぐれた堀研山に認められ、幕末頃に江戸詰の藩絵師として江戸屋敷で活動した。

島高麿(1791-1871)しま・たかまろ
寛政3年南山(現在の泰阜村)生まれ。飯田藩主堀家のお抱え絵師。本名は島岡喜助。画号には月信、高丸、国川を用いた。春木南湖に師事した。明治4年、81歳で死去した。

島南岱(1826-1892)しま・なんたい
文政9年飯田生まれ。飯田藩主堀家のお抱え絵師。島高麿の二男。本名は菊司。別号に菊麿がある。父と春木南溟に師事した。明治15年内国絵画共進会に出品した。明治25年、67歳で死去した。

島南谷(1849-1897)しま・なんこく
嘉永2年飯田生まれ。飯田藩主堀家のお抱え絵師。島高麿の四男。本名は覚太郎。春木南溟に師事した。明治30年、49歳で死去した。

古田鷹麿(1801-1875)ふるた・たかまろ
享和元年下伊那郡親田村(現在の下條村)生まれ。本名は亀吉。別号に豊斎がある。島高麿、葛飾北斎に師事した。得意の虎の絵を尾張侯に献上し嘉賞を受け、雅号「豊斎」を賜った。漢詩、和歌、俳句もよくし、浄瑠璃の作家でもあった。明治8年、75歳で死去した。

桜井峯麿(1806-1860)さくらい・みねまろ
文化13年下伊那郡清内路村(現在の阿智村)生まれ。幼名は才助、のちに兵衛門。島高麿に師事した。彫刻もよくした。万延元年、55歳で死去した。

唐沢湖城(1819-1980)からさわ・こじょう
文政2年伊那郡名古熊村(現在の飯田市)生まれ。幼名は富之助、長じて喜一。別号に永信、東山外史、一鳳斎君房がある。島高麿や曽我鳳章斎に師事し、江戸に出て「湖城」と称した。千葉、茨城などを遊歴、安政5年芝増上寺の家光の霊廟に画工として参加、維新後戸長、明治天皇御巡幸の折「楠公父子図」を展覧に供した。明治13年、62歳で死去した。

長野(21)-画人伝・INDEX

文献:郷土美術全集(飯田・下伊那)〔前編〕、長野県美術大事典



-画人伝・長野, 南画・文人画家, 中国故事, 人物画

© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5