UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・宮崎 狩野派 花鳥画 鶴図

高鍋藩御用絵師を代々世襲した安田家

更新日:

安田甫行(利忠)「竹鶴図」宮崎県立美術館寄託(個人蔵)

高鍋藩では、安田義成(不明-1696)を初代とする安田家が、代々世襲で御用絵師をつとめた。初代義成は、木挽町狩野家の狩野尚信の門人だったが、高鍋藩二代藩主・秋月種春に招かれて寛文7年に高鍋にきた。それ以来、安田家は代々御用絵師を世襲し、二代義正、三代義行、四代甫行、五代義方、六代義為、七代守義、八代守世と続いた。また、絵だけではなく、地図書き、剣術、砲術などで仕えたものもいた。李仲という号は初代義成が師の尚信から与えられた号だが、初代のほかに、五代義方、八代守世が名乗っており、二代義正、二代義為、七代守義は李仙という号を名乗った。

安田義成(李仲)(不明-1696)
安田家初代。幼名は利左衛門。江戸木挽町狩野家の狩野尚信に師事し、「狩野李仲」の名を賜った。二代種春、三代種信に仕えた。「自画像」が安田家に保存されており、これは79歳の時に手鏡に姿を写して描いたといわれている。元禄9年死去した。

安田義正(李仙)(不明-1706)
安田家二代。正信ともいった。幼名は利左エ門。号は李仙。狩野養朴常信に師事し、三代種信、四代種政に仕えた。作品は残っていない。宝永3年死去した。

安田義行(不明-1747)
安田家三代。信行ともいった。幼名は利左衛門、のちに義貴。狩野如川周信に師事し、また、示現流中位免許を受けた。四代種政、五代種弘、六代種美に仕えた。「不動明王図」が安田家に伝わっている。延享4年死去した。

安田甫行(利忠)(1712-1771)
正徳2年生まれ。安田家四代。幼名は利平次。利忠、修竹斎と号した。狩野随川甫信に師事し、五代種弘、六代種美、七代種茂に仕えた。「竹鶴図」「涅槃図」が安田家に伝わっている。明和8年、60歳で死去した。

安田義方(李仲)(1752-1815)
宝暦2年生まれ。安田家五代。名は利平次、のちに義門。安永10年から李仲と改め、好竹斎と号した。狩野常川幸信と狩野閑川昆信に師事し、七代種茂、八代種徳、九代種任に仕えた。安永10年綾部永英らとともに弾琴松の碑を立てた。寛政4年木城の比木神社が大風で崩壊したとき、祝詞殿の天井画を復元し、その功により一代小給を認められた。「白鷺の図」「源氏物語絵巻(写)」などが残っている。文化12年、56歳で死去した。

安田義為(李仙)(1782-1832)
天明2年生まれ。安田家六代。幼名は利平次、のちに利左衛門。李仙と号した。狩野友川寛信に師事し、九代種任に仕えた。作品は残っていない。天保3年死去した。

安田守義(李仙)(不明-1841)
安田家七代。幼名は兵吉。李仙、閑鶴斎と号した。橋口無尽院の二男で、六代義為の娘婿となり安田家を継いだ。狩野探信守道に師事し、九代種任に仕えた。花鳥画の名手とされた。高鍋町の弥専寺に「聖徳太子像」などが残っている。天保12年死去した。

安田守世(李仲)(1830-1908)
天保元年生まれ。安田家八8代。守義の長男。幼名は利平次。李仲、閑春斎、龍川と号した。狩野守玉探龍に師事し、九代種任、十代種殷、十一代種樹に仕えた。画業のほか長沼流砲術免許、西洋砲術中位ならびに免許を得た。万延元年西洋砲術頭取に任命され、その後郷兵教示方、砲術副師の職を歴任した。明治になって藩内分郷絵図取調、宮崎県勧業課地図認め、日向国地図調整、高鍋学校幹事、上江小学校学務委員などの職に就いた。作品は比較的多く残っており、「折衷和漢図」「群鶴図」、最晩年の「仙女西王母図」などがある。現在の木城町比木神社の天井絵「双竜の図」も守世の作とされる。明治41年、79歳で死去した。

文献:宮崎県地方史研究紀要第12号「宮崎の近代美術」、郷土の絵師と日本画家展、かごしま美の先人たち-薩摩画壇四百年の流れ

高鍋藩史話
鉱脈社







-画人伝・宮崎, 狩野派, 花鳥画, 鶴図

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.