画人伝・宮城 日本画家 美人画・女性像

現代的感覚の新しい日本画として高い評価を集めた太田聴雨

更新日:

星を見る女性 太田聴雨 東京国立近代美術館蔵

明治29年仙台市二日町に生まれた太田聴雨は、東京で印刷工として働いていた父を頼って14歳で上京、上野桜木町の四条派の日本画家・内藤晴州の内弟子となった。しかし、寄宿3年目で食費を負担しきれなくなって父宅に戻り、書画屋の日給仕事をしながら、夜制作する毎日を続けた。

大正期、終生の画友となる小林三季らと「青樹社」を結成、定期的に展覧会を開いて日本画壇に独自の地位を築こうとするが、資金難のために解散。深い挫折感のなかで筆を絶ち、三季の紹介で前田青邨に入門して再起するまで3年の時を要した。

前田青邨に入門した聴雨は、キリストを題材にした作品を2年続けて院展に出品したが、連続して落選。その翌年は、一転して大和当麻寺の中将姫伝説に取材した「浄土変」を出品。初入選に加えて、新設された日本美術院賞の初の受賞者となって、一躍脚光をあびた。

さらに「お産」「種痘」など、女性をテーマにした作品を矢継ぎ早に院展に発表。掲載の「星を見る女性」は、大型望遠鏡で天体観測をするモダンな和服女性たちを描き、現代的感覚の新しい日本画として高い評価を集めた。

太田聴雨(1896-1958)おおた・ちょうう
明治29年仙台市二日町生まれ。本名は栄吉。明治43年上京して川端玉章門の内藤晴州に師事した。巽画会などに出品し、大正4年頃から友人と研究団体「青樹社」を結成、同社は大正7年から展覧会を開催し、11年には反官展の日本画小団体とともに第一作家同盟にも参加したがすぐに脱会した。昭和2年から前田青邨に師事し、昭和5年院展に初入選し、日本美術院賞を受賞した。以後毎回院展に出品し、昭和11年に院展同人となった。戦後は東京藝術大学助教授をつとめた。昭和33年、63歳で死去した。

文献:仙台市史特別編3(美術工芸)、仙台画人伝
参考:UAG美人画研究室(太田聴雨)

巨匠の日本画 (8) 前田青邨
学習研究社







-画人伝・宮城, 日本画家, 美人画・女性像

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.