画人伝・群馬 洋画家 前衛・抽象

主体美術協会創立に参加した豊田一男

豊田一男「地球を喰う者」

豊田一男「地球を喰う者」

豊田一男(1909-1989)は、明治42年北海道札幌市に生まれ、翌年、父親の転勤に伴って群馬県群馬郡倉淵村(現在の高崎市)に転居した。大正11年、旧制高崎中学校に入学、2級上に山口薫、同級に松本忠義(1909-2008)がいた。在学中から絵画や文学に興味を持ち、昭和2年の高崎中学校を卒業した年に、萩原恭次郎の推薦で「文化公論」に詩「死んでいった無名の戦士たり」を発表した。

翌年、東京美術学校図画師範科に入学、在学中に1930年協会展に初入選、卒業後はしばらく島根県松江中学校で教師をつとめていたが、その間もしばしば高崎に帰省し、山口薫、松本忠義、小林良曹(1909-1999)らと交流した。

その後、二科展、アンデパンダン展、独立美術協会展などに出品したが、昭和23年自由美術家協会の会員となり、以後自由美術展に出品を続けていたが、昭和39年同会を退会、同郷の松本忠義、小林良曹らとともに主体美術協会の結成に参加した。

また、蝋画(ロー画)という技法を創案し、昭和58年には日本蝋画会を創立した。一方、群馬県画壇の重鎮として県美術会会長をつとめ、同時に県文学賞選考委員もつとめた。

豊田一男(1909-1989)とよだ・かずお
明治42年札幌生まれ。父の郷里・群馬郡倉渕村に帰郷し、旧制高崎中学校を経て東京美術学校図画師範科を卒業した。1930年協会展入選後、二科展、アンデパンダン展、独立美術協会展などに出品した。昭和23年自由美術家協会会員となり以後同展に出品した。昭和27年蝋画(ロー画)という技法を創案し制作をはじめた。昭和39年自由美術家協会を退会し、同年、寺田政明、吉井忠、森芳雄らと主体美術協会の創立に参加した。昭和49年第2回高橋元吉文化賞受賞、昭和51年第3回風雷文学賞受賞、昭和54年群馬県文化功労者表彰。昭和56年群馬県美術会会長となり6年間つとめた。昭和58年日本蝋画会を創立し会長をつとめた。著書に『豊田一男詩集』『鏡の中の他人』などがある。平成元年、80歳で死去した。

松本忠義(1909-2008)まつもと・ただよし
明治42年高崎市八島町生まれ。大正11年旧制高崎中学校(現在の高崎高校)に入学、2級上には山口薫、同級に豊田一男がいた。昭和3年上京し、川端画学校でデッサンを学んだ。同年1930年協会洋画研究所に入り、里見勝蔵、前田寛治、児島善三郎に学び、昭和7年帰郷した。昭和22年山口薫にすすめられて自由美術家協会に参加し会員となった。昭和39年主体美術協会の結成に参加。県美術会常任理事、顧問をつとめた。平成20年、99歳で死去した。

小林良曹(1909-1999)こばやし・りょうぞう
明治42年安中市生まれ。父の影響で絵を描くようになった。昭和4年旧制高崎中学校を卒業。昭和5年上京し、帝国美術学校に入学した。昭和10年、卒業制作が第21回二科展に入選、以後戦争で中断するまで出品を続けた。昭和11年、創作美術展で受賞。昭和17年戦禍を逃れ帰郷。昭和22年山口薫にすすめられて自由美術家協会に参加し会員となった。昭和39年主体美術協会の結成に参加。昭和60年群馬県芸術文化功労賞受賞。昭和63年から65年まで県美術会会長をつとめた。平成11年、90歳で死去した。

群馬(33)-ネット検索で出てこない画家

文献:豊田一男回顧展、群馬の美術 1941-2009 群馬美術協会の結成から現代まで、群馬県人名大事典









-画人伝・群馬, 洋画家, 前衛・抽象

© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5