画人伝・秋田 円山四条派 動物画

呉春に師事し大坂画壇で活躍した長山孔寅

更新日:

長山孔寅「双鹿」

秋田出身の四条派の初期画人としては、京都に出て呉春に学び、のちに大坂画壇で活躍した長山孔寅(1765-1849)がいる。孔寅は、12歳で角館の酒屋・久田屋に奉公し、のちに秋田の那波呉服店につとめた。孔寅がいた頃の角館は、小田野直武(1749-1780)が活動していた時期であり、少年時代の孔寅もなんらかの影響を受けていたかもしれない。

その後秋田の那波呉服店につとめていた20歳の頃、藩校に来ていた儒学者・村瀬栲亭の紹介で京都に上り呉春に師事し、松村景文、岡本豊彦らとともに「呉門十哲」と称されるようになった。

のちに呉春門の上田公長について大坂に移り、狂歌に長じていた公長の影響を受け、孔寅も鶴の舎の門に入って狂歌を学び、三条茂佐彦と号し、文化文政期を中心に大坂の芸文界で名をなした。『南畝帳』(文政7年)など多くの狂歌本の挿絵を担当、また、戯作本として『勧善懲悪 貧弱物語』(嘉永元年)などの著書がある。

長山孔寅(1765-1849)ながやま・こういん
明和2年西木村西明寺生まれ(一説には西仙北町土川)。名は孔寅、字は士(子)亮、通称は源七郎。別号に紅園、五嶺、牧斎などがある。呉春に師事し、人物、花鳥画を得意とした。狂歌名は三条茂佐彦。嘉永2年、85歳で死去した。

秋田(17)-ネット検索で出てこない画家







-画人伝・秋田, 円山四条派, 動物画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.