画人伝・栃木 日本画家 風景画

新興大和絵会の結成に参加した穴山勝堂

穴山勝堂「秋の訪れ」

穴山勝堂「秋の訪れ」

穴山勝堂(1890-1971)は、山梨県東八代郡錦生村(現在の笛吹市御坂町)に生まれた。山梨県立旧制日川中学校を卒業後、上京して東京美術学校師範科に進み、在学中は白馬会に通い洋画家の黒田清輝に学んだ。同校卒業後は、佐賀県の女学校に図画教師として赴任したが、2年後に女学校を退職して再び上京、私立京華中学校の図画教師をつとめるかたわら、大正6年、27歳の時に日本画家の松岡映丘に師事して日本画の道に入った。

大正9年の暮れ、岩田正巳、狩野光雅らと新興大和絵会を結成し、翌年第1回展を開催した。以後は同会解散までの10年余りを同会で活動したが、昭和6年、同会解散後に第12回帝展に初出品した「夕映えの松」が初入選で特選となり、宮内省買い上げとなり、さらに第14回帝展でも「磯松風」が特選となった。

以後、帝展、文展、日展に出品を続ける一方、昭和10年には国画院の結成に参加して創立同人となり、昭和12年には同郷の望月春江、古屋正寿らと山梨美術協会の結成に参加、さらにその翌年には、川崎小虎らと日本画院を結成するなど、精力的に活動した。

しかし昭和20年、戦禍を避けるため郷里の山梨への疎開を余儀なくされた。戦争中多くの画家たちがそれぞれの郷里に疎開し、そのほとんどが東京に復帰しているが、勝堂は終戦後も東京に戻ることはなく、日本画院展に出品する以外は山梨を拠点に活動した。そのことが、その後の中央画壇での知名度の低下を招いたといえる。

穴山勝堂(1890-1971)あなやま・しょうどう
明治23年山梨県東八代郡錦生村(現在の笛吹市御坂町)生まれ。本名は義平。明治41年山梨県立旧制日川中学校卒業。翌年東京美術学校師範科に入学、在学中は黒田清輝に学んだ。明治45年同校卒業後は松岡映丘に師事した。大正10年新興大和絵会の結成に参加、同会解散後の昭和6年第12回帝展で特選となり、宮内省買い上げとなった。昭和8年第14回帝展特選。昭和10年国画院結成に参加。昭和13年日本画院創立に参加。昭和20年山梨県東八代郡一宮町に疎開し、その後永住した。伝統的な大和絵の技法と彩色法を近代的解釈によって描いた清新な作品を多く制作したが、晩年は動くものを題材にしたスピード感あふれる大和絵と一線を画した作品を描いた。昭和46年、81歳で死去した。

山梨(17)-画人伝・INDEX

文献:穴山勝堂伝 松と富士、山梨の近代美術、山梨に眠る秘蔵の日本美術、山梨県立美術館コレクション選 日本美術編、山梨「人物」博物館 甲州を生きた273人









-画人伝・栃木, 日本画家, 風景画

© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5