画人伝・新潟 南画・文人画家 山水・真景

良寛ら越後文人に大きな影響を与えた亀田鵬斎

亀田鵬斎「出雲崎より佐渡を望む図并詩」糸魚川歴史民俗資料館《相馬御風記念館》蔵

亀田鵬斎「出雲崎より佐渡を望む図并詩」
糸魚川歴史民俗資料館《相馬御風記念館》蔵

江戸神田に生まれた亀田鵬斎(1752-1826)は、6歳頃から素読を飯塚肥山に、書を細井広沢の門人・三井親和に習い、14歳で医学塾躋寿館に入り、折衷学を唱える井上金峨について経書を学んだ。23歳の時には、赤坂の日枝神社近くに塾を開いた。

この私塾には、旗本や御家人の子弟が入門し、活況を呈し、巻菱湖、館柳湾ら多くの人材を輩出した。しかし、寛政2年の「寛政異学の禁」により、幕府の正学が朱子学に統一されたため、鵬斎たちの学問は禁止され、鵬斎は寛政9年に塾を閉じて出村(現在の墨田区)に移り、50歳頃からは各地に旅にでることが多くなった。

越後には、文化6年9月から文化8年7月まで、佐渡にいた期間を含めて約3年間過ごした。その間、越後路を巡り、各地の旧家や文人の招きに応じて多くの作品を残し、良寛をはじめとした越後文人に大きな影響を与えた。

亀田鵬斎(1752-1826)かめだ・ぼうさい
宝暦2年江戸神田生まれ。名ははじめ翼、のちに長興。字は図南、公龍、穉龍。通称は文左衛門。別号に善身堂、太平酔民、金杉老純などがある。井上金峨に折衷学を学んだ。同門に多紀桂山、片倉鶴陵らがいる。安永3年に私塾を開き、のちに小石川諏訪町や神田駿河台などに移転した。安永8年頃から『論語撮解』などの著述を通して、荻生徂徠の古文辞学を反駁した。晩年は下谷金杉に移り住み、酒井抱一、谷文晁、大田南畝、鍬形蕙斎ら多くの文人画人らと交友した。酒をこよなく愛し、詩・書・画に親しんだ。画譜としては『胸中山』を出版。『大学私衡』『中庸辨義』『善身堂一家言』などの著書のほか、多くの序や碑文を残した。文政9年、74歳で死去した。

良寛(1758-1831)りょうかん
宝暦8年出雲崎生まれ。字は曲、名は文孝、大愚と号した。生家は商家橘屋。地蔵堂(旧分水町)の大森子陽の私塾三峰館に学び、22歳で出家、備中玉島円通寺で修行して全国を行脚した。寛政8年頃に帰郷し、国上山の五合庵に住んだ。自然な生き方と万葉風の和歌や書風で知られる。近隣の村々や新潟を訪れ、富農や文人と交流した。また、亀田鵬斎ら各地の文人が良寛を訪ねた。天保2年、75歳で死去した。

館柳湾(1762-1844)たち・りゅうわん
宝暦12年新潟町(現在の新潟市)生まれ。巻菱湖は従弟。名は機、字は枢卿、通称は雄次(二)郎。別号に石香斎、三十六湾漁叟、賞雨老人などがある。廻船問屋小山家に生まれ、幼くして両親を亡くし、父の実家の巻町の館家に入った。10歳の時に江戸に出て亀田鵬斎らに学んだ。寛政5年幕府に入り、文化9年まで勘定奉行配下の役人をつとめた。『柳湾漁唱』『林園月令』などの著書がある。天保15年、83歳で死去した。

館霞舫(1808-1853)たち・かぼう
文化5年生まれ。館柳湾の子。画工にすぐれ、父を継いで幕府役人となったが、弘化3年に辞めて画家として活動した。はじめ清水曲河、岡田閑林に学び、のちに菊池容斎に学んだ。嘉永6年、45歳で死去した。

巻菱湖(1777-1843)まき・りょうこ
安永6年蒲原郡巻町(現在の新潟市)生まれ。父は巻町の茶商「館源」の九代当主・館徳信。館柳湾は従兄。のちに館姓を改めて巻と称した。名は大任、字は致遠、起厳、通称は喜藤太、のちに右内。別号に弘斎がある。幼くして書を新潟善導寺の僧・興雲に習い、寛政7年江戸に出て亀田鵬斎について詩学・書を学んだ。諸国を修業した後、文政5年江戸に塾を開いた。門人には中沢雪城、大竹蒋塘らがいる。市河米庵、貫名海屋とともに「幕末の三筆」と称された。天保14年、67歳で死去した。

富永竹村(1801-1851)とみなが・ちくそん
享和元年頚城郡神田原山(現在の上越市)生まれ。医師・富永兵衛門の長男。名は明、通称は大五郎、のちに春部。父の没後、代々の通称仙八を襲名した。15歳で江戸に出て亀田鵬斎に儒学を学び、中林竹洞に画を学んだ。眼科医のかたわら画を描き、歌人としても知られた。嘉永4年、51歳で死去した。

新潟(05)-画人伝・INDEX

文献:新潟・文人去来-江戸時代の絵画をたのしむ、江戸の文人交友録 亀田鵬斎とその仲間たち、亀田鵬斎の北越来遊に見る越後文人との関わり(現代社会文化研究第73号)、越佐書画名鑑 第2版

-画人伝・新潟, 南画・文人画家, 山水・真景

© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5