UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・茨城 版画家 人物画

ムンクから影響を受け版画制作をはじめた永瀬義郎

投稿日:

永瀬義郎「暮色」茨城県近代美術館蔵

永瀬義郎「暮色」茨城県近代美術館蔵

明治末期から大正期にかけて起こった「創作版画運動」の代表的作家のひとりに、茨城県出身の永瀬義郎(1891-1978)がいる。創作版画運動とは、それまでの伝統的木版画制作の工程が、絵師、彫師、摺師の三者分業で行なわれていたのに対し、作画から完成までを一貫して作者が行なうことを原則とし、版画が絵画の複製ではなく、独立した美術の一ジャンルであるべきと主張した運動である。

茨城県岩瀬町の大きな地主の家に生まれた永瀬義郎は、12歳で茨城県立土浦中学校に入学、一級上に熊岡美彦が、後輩には「假面」同人の矢口達、ともに「マリオネット」を結成することになる高田保がいた。この中学時代に永瀬は絵を描き始め、雑誌「太陽」「文章世界」を愛読し文学にも目覚めた。同校卒業後は、上京して白馬会研究所で学び、20歳で東京美術学校彫刻科に入学したが、数日で退学してしまう。

退学の理由は定かではないが、当時永瀬が愛読していた雑誌「白樺」は西欧美術を精力的に紹介しており、その新しい美術思潮に憧れていた永瀬は、旧態依然としたアカデミックな美術学校の雰囲気に失望し、独自の創作活動を目指したものと思われる。同じく「白樺」の読者で同い年の恩地孝四郎ものちに同校を退学している。

美術学校を退学した永瀬は、「白樺」に掲載されていたエドヴァルド・ムンクから影響を受け、版画を制作するようになり、大正3年に開催された第1回二科展に木版画を出品、版画家デビューを果たした。その後は、山本鼎が主宰する日本農民美術研究所を手伝い、人形劇「テアトル・マリオネット」を結成し、北原白秋、宇野浩二らの童謡、童話の挿絵を手がけるなど多彩に活動し、版画制作にも精を出した。

大正5年、長谷川潔、広島晃甫らと日本版画倶楽部をつくり、日本で最初の創作版画の団体展を開催。大正7年に日本創作版画協会が創立されると、会員として参加し翌年の第1回展から出品した。大正11年には版画の技法書『版画を作る人へ』を執筆し、創作版画の啓蒙に尽力した。ベストセラーとなったこの著書は、谷中安規、小野忠重、棟方志功、斎藤清らに広く読まれ、創作版画の普及に大きく貢献した。

永瀬義郎(1891-1978)ながせ・よしろう
明治24年茨城県岩瀬町生まれ。明治41年県立土浦中学校を卒業し翌年上京、白馬会研究所に入り長原孝太郎に学んだ。明治44年東京美術学校彫刻科に入学したが数日後に中退、友人の誘いで京都へ行き、日本画家・青木大乗らと交友するが、間もなく帰京、荒木十畝の画塾で日本画を学んだ。大正2年文芸雑誌「仮面」(聖盃を改題)の同人となり、表紙や挿絵を担当、評論も発表した。大正5年長谷川潔、広島晃甫らと第1回日本版画倶楽部を開催。大正7年第1回国画創作協会展に出品、大正8年第1回日本創作版画協会展に会員として出品。大正11年『版画を作る人へ』を発行。昭和4年春陽会展で受賞し渡仏、大正11年帰国。帰国後は文展、日展、光風会展などに出品し、昭和45年無所属となった。木版画にとどまらず、ステンシル、モノタイプ、フロッタージュ、合成樹脂版などを手がけ、昭和48年にはナガセプリント(NP-73)を創始した。昭和53年、87歳で死去した。

茨城(30)-ネット検索で出てこない画家

文献:北関東の近代美術、開館20周年記念 茨城県近代美術館所属作品、茨城県近代美術館所蔵作品図録 1997









-画人伝・茨城, 版画家, 人物画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.