UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・秋田 日本画家 幻想画 風景画 人物画

日本画革新の旗手であり、故郷を想うロマンチストでもあった福田豊四郎

更新日:

福田豊四郎「六月の森」

秋田県北部の鉱山の町・小坂に生まれた福田豊四郎(1904-1970)は、15歳で画家を志し、17歳で東京の日本画家・川端龍子に師事した。2年後には、龍子の勧めで京都に行き土田麦僊に師事した。豊四郎は、ともに革新的な日本画を手掛けた2人の師、龍子、麦僊のもと、自身も新しい日本画の創造を志すことになる。

昭和3年、麦僊のもとで学んでいた豊四郎は東京に戻り、翌年には日本美術院を脱退した龍子が設立した青龍社に参加した。龍子が提唱していた大作主義に応じた作品に取り組み、昭和5年には帝展で特選を得た。豊四郎は、その後も帝展に出品することを望んだが、青龍社の方針である反官展に背くことになり、昭和8年青龍社を除名された。

龍子の元を離れた豊四郎は、その翌年、同じ帝展で特選を受賞していた吉岡堅二、小松均とともに「山樹社」を設立。さらに、岩橋英遠らを加えて「新日本画研究会」を結成した。同研究会は、昭和12年の小松均の退会を期に解散し、新たに「新美術人協会」が結成され、昭和22年頃まで続いたが、戦時下で自然消滅を余儀なくされた。

新美術人協会を解消した豊四郎は、昭和23年、吉岡堅二、山本丘人、上村松篁らとともに「世界性に立脚する日本絵画の創造」を期して、現在の「創画会」の前身である「創造美術」を結成した。その後創造美術は、洋画団体の新制作派協会と合流して、新制作協会日本画部となり、昭和49年「創画会」となった。

福田豊四郎の画業は、新しい日本画の創造を目指した新団体の結成とともにあった。26歳の若さで帝展の特選を受賞した豊四郎は、それに甘んずることなく、より高い目標を掲げて次々と新団体を結成し、それに連動するように画風も変わっていった。

初期の、身の回りの風景を柔らかな色調と筆致で表現していた画風は、次第に明るい色彩と明確な形での表現へと移行し、さらに幻想的なものへとなっていった。没する2年前の作品「雪国」(下記掲載)には、常に想い続けていた故郷が幻想的に描かれている。

福田豊四郎「雪国」

福田豊四郎(1904-1970)ふくだ・とよしろう
明治37年秋田県小坂町生まれ。本名は豊城。はじめ鹿子木孟郎、川端龍子に師事した。大正12年からは土田麦僊につき、翌年には帝展、国画創作協会展に初入選した。昭和2年京都市立絵画専門学校日本画科選科に入学。卒業後、再び龍子に師事したが、反官展の方針に同意できず、龍子のもとを離れ、昭和9年吉岡堅二、小松均らと「山樹会」を結成した。その後、「新日本画研究会」「新美術人協会」を結成し、昭和23年には、吉岡堅二、山本丘人、上村松篁らと現在の創画会の前身となる「創造美術」を結成した。昭和31年武蔵野美術大学講師となり、アジア連帯文化使節団の一員としてソ連、エジプト、中国など6ケ国を巡った。昭和40年武蔵野美術大学教授に就任。昭和45年、65歳で死去した。

秋田(28)-ネット検索で出てこない画家







-画人伝・秋田, 日本画家, 幻想画, 風景画, 人物画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.