UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・大分 南画・文人画家 山水・真景

豊後南画の黎明期・田能村竹田の一世代前の画家たち

更新日:

田中田信「秋景山水図」大分県立美術館蔵

江戸後期になると、粉本主義に陥った狩野派が精彩を欠くなか、文人たちの興味は、新たに中国大陸からもたらされた南画に移っていった。二豊(豊後と豊前)においても、田能村竹田(1777-1835)より一世代前の画人たちが求めたのは同様の絵画だった。

豊後岡藩に備中の画家・淵上旭江(1753-1816)が訪れたのはその頃である。旭江は、各地の名勝を訪ねながら、長崎を目指したと思われる自由な身分の画人だった。岡藩の文人たちはこの遠来の画人を歓待し、画技を学んだ。旭江に直接学んだものとしては、のちに岡藩絵師となる淵野真斎と、終身町絵師として活動した渡辺蓬島がいる。また、二人と共に学んだ小林藍溪(不明-不明)は、佐伯で最も古い画人のひとりとされ、旭江の来遊を聞きつけ、はるばる佐伯から岡まで足を運んだものと思われる。

また、中津の田中田信(1748-1825)もかなり早くから南宗画法を意識していたと思われる。田信は、医業のかたわら、書画骨董を好み、唐風に親しんだ。自ら描く画も唐風を模し、京坂の間を行き来して池大雅らと交遊、画法を研究した。また、料理研究家でもあり、日本で最も古いとされる中華料理書を出版している。日田の豪商・森五石(1747-1822)も、雪舟派から新たに南画に転じ、南蘋派の技法を学んだ。五石は後年、田能村竹田とともに社を起こし、日田画壇の基礎を作った。

田中田信(1748-1825)
寛延元年生まれ。実家は中津の商家。名は信平、字は子孚、のちに以成。別号に田子孚がある。長崎で医学や画法を学んだとみられる。医業のかたわら書画をよくし、印刻、碑碣などの彫刻、板画彫刻なども得意だった。唐風を好み、家具や文具なども唐風にしていた。唐風料理を重んじ、卓子式と号して中華料理書を著述出版した。これがわが国におけるもっとも古い中華料理書とされる。若いころから京坂の間を行き来し、池大雅らと交遊、県内では末広雲華、田能村竹田らと交流があった。竹田とは岡に訪ねるほどの仲で、竹田の『竹田荘師友画録』にもその親交が記されている。文政7年、77歳で死去した。

森五石(1747-1822)
延享4年生まれ。初代伊左衛門の長男。名は常勝、通称は三良左衛門、のちに二代伊左衛門。俳号に梅舎を使い、狂歌号に登果亭栗丈を用いた。別号に准陰漁叟、悠然亭がある。享和3年、57歳の時に家督を長男・春樹に譲り、悠然亭に隠棲したが、文政5年には、町三老の筆頭にあげられて町年寄役をつとめた。文政5年、76歳で死去した。

小林藍溪(不明-不明)
岡の淵野真斎、渡辺蓬島とともに淵上旭江に学んだ。佐伯における最も古い画人のひとり。のちに大坂に遊び、画技を進めた。竹田とも交流があり、『竹田荘師友画録』には、唐橋君山が豊後国志を編纂する際、竹田も同行して佐伯に行き、藍溪に交歓された旨が記されている。

文献:大分県画人名鑑、大分県史、竹田荘師友画録

文人の系譜―王維‐田能村竹田‐夏目漱石
三和書籍







-画人伝・大分, 南画・文人画家, 山水・真景

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.