UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・宮城 狩野派 山水・真景

仙台藩御用絵師・荒川如慶とその画系

更新日:

荒川如慶「奥州仙台領街道絵図」のうち「笊川付近」

荒川如慶「奥州仙台領街道絵図」のうち「中田宿部分」

仙台藩御用絵師をつとめた家系のうち、江戸中期、後期において活躍をみせるのは、荒川家と菊田家で、両家は藩御用絵師としての家系を幕末まで維持した。

荒川家は、仙台藩五代藩主・吉村の時に御用絵師として仕えた荒川如慶に始まり、その後代々御用絵師をつとめた。如慶は江戸の人で、木挽町狩野家の三代目・如川周信に学び、秀才の誉れ高かったという。

初期の作品としては、享保17年に描かれた「福浦島毒竜庵図」「洞水和尚福浦長養図」が知られている。毒竜庵は寛永16年の造営で、開山の瑞巌寺百世洞水東初はここで4年間の修行に励んだとされる。この年の7月10日に松島を訪れた五代藩主吉村が、再興された庵を見て喜び、かたわらの如慶に命じて描かせたのがこの2作品である。

掲載の「奥州仙台領街道絵図」は、仙台領内を通る奥州街道を描いたもので、農村部の水田風景や遠景の山並みの描写、板葺、藁葺の屋根が連なる宿場の町並みからは、街道の正確さよりも藩内の情景表現を重視したことがうかがえる。

荒川如慶(1707-1767)あらかわ・にょけい
宝永4年生まれ。名は周良。別号に泰入斎がある。狩野如川周信に師事した。仙台藩五代藩主・吉村の時に御用絵師として仕えた。明和4年、61歳で死去した。

荒川洞月(不明-1808)あらかわ・どうげつ
荒川如慶の孫。名は義昌、本姓は中川。岩沼邑主・古内氏の家臣だったが、画を狩野洞雲に学び、荒川家を継いだ。仙台城二の丸、柳の間に柳を描いた。俳諧もよくした。文化5年死去した。

荒川養湖(不明-不明)あらかわ・ようこ
荒川洞月の孫。狩野養川院惟信に学んだ。晩年養堅堂の史員となった。

梅津月橋(1777-1858)うめつ・げっきょう
安永6年生まれ。名は清寧、通称は勇治。別号に梅庵がある。画を荒川洞月に学んだ。茶道、生け花、彫刻などもよくした。松島瑞巌寺に五百羅漢の三幅対がある。安政5年、82歳で死去した。

文献:仙台画人伝、仙台藩の絵師、仙台市史通史編4(近世2)、仙台市博物館館蔵名品図録

仙台藩ものがたり
河北新報総合サービス







-画人伝・宮城, 狩野派, 山水・真景

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.